ダイエットの運動に関する二つの行動計画

テーマ2

ダイエットの行動計画をたてるのに、「運動」の内容も必ず加えたいです。運動は痩せるためだけでなく、健康維持のためにも大事ですしね。

 

運動をするダイエットしないダイエット

まずは、ダイエットでの運動の効果について書きたいと思います。運動を全くしないダイエットと、運動をとりいれたダイエットの比較の実験データは様々あります。運動を全くしなくても体重は落ちます。しかし、するかしないかで出来上がった身体の作りがずいぶん違うんです。

ある実験では仮に同じだけ体重が減ったとしても、運動をしていないグループは体脂肪の減少率が低いと報告されています。つまり、運動しないと筋肉まで落としてしまうということです。
運動しないダイエットだと、ブヨブヨのまま身体が小さくなるといった感じでしょう。

また、実験では運動を行ったグループは体脂肪の減少率が高いだけでなく、明らかに持久力や筋力の向上があったと報告されています。(ボストン大学での減量プログラムの実験結果より)

つまり、運動は効率よく痩せたり引き締めたりするのにはとても大きな効果があるのです。

といっても、スポーツジムに入会して本格的に運動しないといけないということでなく、通勤通学、掃除、買物、駅の階段、犬の散歩など、毎日の生活のなかでも十分効果的な運動はできるのです。

どんな運動をしたらいいか、この記事で紹介しましょう。

 

なるべく歩くことを行動計画に加えましょう

歩くことはいつでもどこでも出来ますよね。

もちろんウォーキングなど有酸素運動を行うこともよいことです。

ウォーキングはゆっくり時間をかけながら、体内に酸素を取り入れて脂肪を燃やす効果の高い運動です。また心肺機能を高めたり、内臓や筋肉など全身を鍛えることができますし、脳や精神にまで良い効果があると言われます。

1日の中で、ウォーキングの時間をとれるのであればぜひウォーキングされることをおすすめします。仕事などで忙しい人もいらっしゃると思いますが、そういう方は日常生活の中で歩く機会を増やすようにしましょう。

歩数計を使うようにしたらいいですね。

歩数計を用意して、朝起きたら歩数計をポケットに入れて夜まで、1日に自分がどのぐらい歩いているのか測定してみてください。今までの通り普段通りの生活で3日間くらい測定してみるといいでしょう。その歩数は一つの目安になります。

そして、たとえば少しだけ早く家を出て余分に歩きながら通勤するとか、今まで車で行っていた買い物を歩いていくようにするとか、駐車場を目的地の少し遠くに停めるようにするとか、エスカレーターを使わないようにするとか。

何でもいいと思うんですよ。

今までの歩数よりも少し余分に歩くようにすることを行動計画に加えてみてください。

自分がどれだけ歩いているかということを、目で見てわかるようにすることはとても良いことです。そして以前の自分よりなるべく多く歩けるように、自分なりの目標を立てていけばいいと思います。

ちなみに、日本人の一日あたりの平均歩数は男性で7136歩、女性で6117歩だそうです。(厚生労働省 平成22年国民健康・栄養調査結果の概要)

「健康日本21」 が健康のために推奨している1日の歩数は、成人男性9200歩、女性8300歩以上が目安とされています。

できれば上回るようにしたいですね。

参考にしてください。

 

レジスタンス運動も行動計画に加えましょう

ダイエットの運動というと、“有酸素運動” を思い浮かべる人が多いと思いますが、それだけを行うより、”レジスタンス運動” もあわせて行うと更にダイエットの効果が上がります。

ほめやせでは、レジスタンス運動として、「スロトレ」を行うことを推奨していますが、これは筋力アップを目的とする運動です。

ダイエットの時には脂肪を落としたいんですが、筋力も低下しやすくなるんです。しかしできるだけ筋力は落としたくありません。

筋力低下の問題

筋力低下は様々な身体の問題につながります。筋力が低下すると疲れやすくなりますから、ますます運動不足になるという悪循環になりやすいのですが、筋肉量が減ることで、低体温や冷え性になったり、そのことが免疫を低下させたり、健康上の問題を引き起こすこともありますし、基礎代謝も下がって太りやすい体質になってしまいます。

また、筋力が低下すると、身体の脂肪を支えられなくなり、バストやヒップが垂れてしまったり、お腹がぽっこり出てしまったりなど、きれいな体型を保てなくなるという問題もありますよね。

ですから、ダイエットの時には、有酸素運動だけではなく、レジスタンス運動を加えることも大切なのです。

スロトレがお勧めです

スロトレはとても手軽で、覚えやすく簡単ですし、その人の筋力レベルに合わせたエクササイズができます。

スロトレをやるということも、目標に加えられることをおすすめします。

 

ということで、「歩くこと」、「スロトレ」 二つの行動計画について書きましたが、身体を動かすということはとても良いことです。たとえば、趣味でテニスをする、ママさんバレーに参加する、サイクリングをするなど、自分の好きなレクレーション運動をされることもよいことです。また、ラジオ体操をするとか、ストレッチやヨガなどの柔軟性運動もされるとか、身体を整える運動もよいことです。

なるべく積極的に身体を動かす。毎日を行動的に過ごすことを意識されるといいと思います。

 

ここまでに、「食事のこと」と「運動のこと」について書きましたね。痩せるための何かをする、ということだけでなく、よりよい生活をすることが健康的なダイエットに繋がります。ですから、次回は、「生活のリズム」について書きますね。

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です