ダイエットの「リバウンド」は軽く考えてはいけないのです

今日からテーマが新しくなります。
今週のテーマは 「リバウンドしないダイエット」
という内容です。

この記事を読んでいる人の中にも、ダイエットしたけどリバウンドしちゃった経験がある人は少なくないでしょう。というか、けっこう多いと思います。

 

ほとんどの人がリバウンドしちゃうのです

リバウンドに関して、UCLA(米国カリフォルニア大学ロサンゼルス校)で興味深い調査結果が発表されているのですが、それは「ダイエットで体重が減った人の中で3人に2人は5年後にはダイエット前よりも体重が増えている。」 という報告です。

元の体重に戻るのではないのです。元の体重より増えてしまうという調査結果なんですね。

また、日本肥満予防健康協会の調べでは、目標体重まで減量ができた人のうちの10人に9人はリバウンドで体重が戻ってしまうとされています。

なぜなんでしょう。
リバウンドするのが当たり前では、なんのため努力して体重を減らすのかわからないですよね。

もちろん原因があります。
その原因を理解してリバウンドしないダイエットをしていただくためにこのテーマを書いているのです。ですからぜひ1週間しっかりこのブログを読んでいただきたいと思いますが

まずは、リバウンドにもパターンがあることから書きはじめましょう。

【短期間でのリバウンド】

ちょっと前までダイエット頑張っていたのに、少し気を抜いた途端に一気に体重が増えてしまった。というような短期間でのリバウンドの経験がある人もいらっしゃるでしょう。

これは無理なダイエットや、正しくないダイエットで身体に負担がかかった場合などに起こりやすいリバウンドです。無理がたたって反動が起きる、そんなイメージですね。

今後の記事で改めて説明しますが、人間の身体には現状を維持しようとする力があります。そのことを 「ホメオスタシス」 と呼びますが、たとえば人間は恒温動物ですから外気温が変動しても体温を一定に保とうとしますし、体内の塩分濃度を保つため、体内の水分の量を調節します。そのような現状を維持する働きがあるんです。

そしてその現状を維持する力は、体重を維持することにも働いているのです。

そして、そのことに配慮をしながらダイエットを行わないと、気をゆるめた途端に一気に増量する、短期間のリバウンドを起こしやすいのです。

つまり、ダイエットの失敗で起こるリバウンドと言っていいでしょう。

 

【長期間でのリバウンド】

しかし、無理をせず、正しいダイエットをしたからといって、もう絶対に体重が増えないなんてことはありません。ダイエットをしたあとどのような日常を過ごすかによって、また体重は増えてしまうのです。

だって一時的に食事制限をしたり、運動して体重を減らしても、その後に以前のような、食べ過ぎ、運動不足の生活に戻してしまったら、体重が増えてしまうのは当たり前のことですよね。

ある程度長い、年単位くらいの時間を経てリバウンドするケースは、ほとんどそういう理由でしょう。

 

リバウンド繰り返すと痩せなくなる

直接的なリバウンドの原因ではないけれど、理由の一つとして、多くの人がリバウンドを軽く考えてしまっているということがあると思います。

一度痩せられたんだし、太ったらまたダイエットすればいいや。

貴方はそんなふうに思っていませんか?

その考え方はとても危険です。

もしそう考えていたなら改めるようにしましょう。

リバウンドは体重が元に戻るだけではないのです。リバウンドすると体脂肪率は以前の時より増えてしまう場合がほとんどですし、筋肉量は減ってしまいます。

しかも、ダイエットとリバウンドを繰り返すたびにどんどん太りやすく痩せにくい体質に変わってしまいます。健康的にも問題が起こりやすいです。

一生懸命ダイエットすることが、痩せない身体、を作ってしまうのです。

ダイエットというのはリバウンドしないようにしないといけないし、リバウンドせず落とした体重を長く維持してこそダイエットが成功したことになるのです。

ダイエット中からリバウンド対策をしましょう

ですから、ダイエットの時には痩せることばかりを考えるのではなく、体重を落としている段階から、落としたあとの維持のことも考えておかないといけないんです。

そのために今週は、リバウンドすることで、身体がどのように変化してしまうのかということや、リバウンドの原因や対策について、書いていこうと思っています。そして、今やっているダイエットが人生最後のダイエットにして頂けるよう、今週のテーマを役立てていただきたいと思います。

明日は、リバウンドをするとどうなってしまうのか、リバウンドの怖さについて少し書きたいと思います。

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です