春のダイエット 春のダイエットではビタミンをしっかり摂りましょう/「ビタミン・ミネラル」

今週は「春のダイエット」について書いています。

昨日の日記ではダイエットに「季節」が深く関わっているということを書きました。その季節に合わせたダイエットの戦略を立てることも効率よくダイエットを成功させるために大事なことなのです。

冬から春への変化

冬を越して徐々に暖かくなってくると人間の身体も季節を感じとって脂肪を落としやすくなってきます。脂肪には保温の役割もあるんです。寒い冬の外気にさらされても体温を保てるように冬は脂肪がつきやすくなるんです。

また人間も動物も冬の間は体温を逃さないためにできるだけ身体を動かさないようにして、体内へ栄養を溜め込もうとします。熊が冬眠することをイメージしたらいいと思いますが、だから冬の間は脂肪がたまりやすいんです。

でも、春先になって暖かくなってくるとだんだん代謝が上がってきて内臓の働きも活発になって、徐々に春の身体になってくるのですが、そこで欠かせない食べ物が春の野菜(山菜)なのです。

 

ビタミンは春のダイエットのポイントです

ふきのとう・ワラビ・ゼンマイ・ノビル・ヨモギ・アサツキ・タケノコ・ウド等、春の野菜や山菜には独特の苦味があります。苦味成分には、 抗酸化作用のあるポリフェノールやビタミンが多く含まれていて新陳代謝を促進する作用があるのです。

「春苦味、夏は酢の物、秋辛味、冬は油と合点して食え」、という言葉もありますが、その季節に合わせた自然の恵みというものがあるのです。

春野菜の苦味というのは人間の身体が春を迎えるのに必要なもので、冬の間に停滞していた胃腸を
春の活動期に向けて刺激する役目があるのです。冬眠から目覚めた熊がまず最初に口にするのもこのフキノトウなどの苦味がある山菜で、それを食べて体の新陳代謝をアップさせるのだそうです。

ですから私達もこれから迎えるダイエットシーズンに向けて、この時期は特にしっかりビタミン類を摂るのがいい、ということなんですね!!

ビタミンに関しては最近テーマで取り上げてお話をしました。そちらを読んでいただけたら詳しく書いてありますが、今週は「六大栄養素」の復習もやっています。下記にビタミン・ミネラルについて書きましたので参照してください。

六大栄養素について(復習その2)

先週までの6週で、六大栄養素の話しが終わっています。大事な内容ですから復習の意味を兼ね、今週は毎日1テーマづつ、Twitterに投稿した記事を紹介します。140文字以内の記事ですから読みやすいと思いますよ。

 

「ビタミン・ミネラル」

  • ビタミンやミネラルは必要な量は微量ですが人間の体の中で合成することはできません。ですから必ず肉や魚や野菜やサプリメントなどから摂取をしなければいけない必須栄養素です。三大栄養素にビタミンとミネラルを加えて「五大栄養素」と言います。> http:// t.co/B8cLL9Sv

 

  • 三大栄養素は大切ですがそれだけを摂ってたらいいわけではありません。これらは身体の中で化学反応をすることで活用されますが、その化学反応のことを「代謝」といいます。そして「代謝」を行うためにはビタミンやミネラルが必要なのです。> http://t.co/B8cLL9Sv

 

  • 「美肌には亜鉛」、「妊婦さんは葉酸」、「変頭痛はマグネシウム」、「2日酔にナイアシン」、「活性酸素対策にはセレン」・・etc、ビタミン・ミネラルの健康情報は多種多様です。それだけビタミンやミネラルが身体に与える影響が大きいのです。> http://t.co/B8cLL9Sv

  • ダイエットのポイントは「代謝」を効率的に行うこと。摂取した食物や蓄えられた脂肪を使うことも代謝ですし、タンパク質から筋肉を増やすことも代謝です。ダイエット時は代謝をスムーズに行いたいんですが、その助けになるのが「ビタミンB群」です。> http://t.co/BKV6yLU7

 

  • ビタミンB群は心の健康にも影響します。ダイエット時はストレスに負けず心を穏やかに、やる気を高く前向きになることって大事です。お腹がすいた時や甘いものを我慢している時にイライラしちゃったりする人もいるでしょ。ビタミンBが大事ですよ。> http://t.co/BKV6yLU7

 

  • ビタミン・ミネラルは普段の食生活だけで十分補給することは難しいです。ましてやダイエットで食事量が減ると必然的に食事から摂れる栄養素も減少します。ですからそれを補うためにマルチビタミン・ミネラルなどのサプリメントが有効なんですね。> http://t.co/BKV6yLU7

  • 加工食品が多い人はビタミンの摂取量が減りますが、食品添加物の過剰によって体内のビタミンまで失われてしまいます。外食店や加工食品販売は食中毒防止の為多くの添加物を使用しますが、その添加物の処理でビタミンやミネラルが使われてしまうんです。> http://t.co/kIuLZ4YM

 

  • ビタミン不足の原因のひとつは食生活の乱れです。肉中心の食事やいわゆるジャンクフードが多かったり、忙しくて食事に時間をかけられなく野菜不足になっている人は要注意です。>http://t.co/kIuLZ4YM

 

  • 野菜に含まれる栄養素が減っている原因は「見栄え重視、促成栽培、旬を無視した農法」など反自然的農業が原因と考えられています。化学肥料を使うので野菜は深く根を伸ばす必要がなくなり。土壌のミネラルが失われているなどいろんな原因があります。> http://t.co/kIuLZ4YM

  • ストレスもビタミンの不足につながるんですよ。頭脳労働や心のストレスが増えた現代社会はストレス社会と言われますが、精神的ストレスは抗ストレスホルモンを多く分泌させます、そのホルモン分泌のためにもビタミンが使われてしまうのです。> http://t.co/kIuLZ4YM

 

  • 「潜在的ビタミン欠乏症」とは元気がない、体がだるい、調子が良くないなどのビタミン不足による不調のことで、偏食や誤ったダイエットの食事制限などが原因で増えているのですが、その体調不良が「ビタミン不足のせい」とは気づかれにくいのです。> http://t.co/ZtnukKaY

 

  • 軽度のビタミン欠乏では症状を感じることはないですが問題がないわけではありません。例えば一生懸命ダイエットをしているのになかなか成果が感じられないとか、筋トレを頑張っているのに筋肉が増えないなど、そういったことは軽度でも起こるのです。> http://t.co/ZtnukKaY

 

  • 20代でクラス会があっても驚くことはないでしょうが、40代くらいで再会すると「変わってしまった人」と「変わらない人がいる」ことに驚きます。老けるスピードは個人差がありますが素質や遺伝でなく日常どう過ごしているのかによって変わるのです。> http://t.co/TWKp206u

  • 特に女性はそうだと思いますがダイエットする理由には、「キレイになりたいから」という気持ちがありますよね。そしてキレイな状態をずっと維持したいという、「アンチエイジング」に関心がある人も多いでしょう。だからビタミンはとても大切ですよ。> http://t.co/TWKp206u

 

  • 美肌の敵である老化は10代の後半からゆっくり始まります。年令による肌の衰えは避けられないものですが、それをなるべく遅らせる事は出来るのです。美容やアンチエイジングのためにもやはりビタミンをしっかりとるということは大切なんです。> http://t.co/TWKp206u

 

  • 野菜はビタミンやミネラル、食物繊維を多く含んでいます。多くの研究で野菜を多く食べることは脳卒中や心臓病、ある種のがんなど生活習慣病にかかる確率を低下させるという結果が出ています。なるべく野菜の多い食生活にしましょう。> http://t.co/RAzukj2i

 

  • お菓子やスナック類、ケーキやチョコレートなどの甘いもの、ソフトドリンク等には糖分がたくさん含まれます。糖分は体内で代謝される際に大量のビタミンを消費してしまいます。甘いモノを摂り過ぎると特に、ビタミンB1、B2不足になりやすいのです。> http://t.co/RAzukj2i

 

  • 単品の食事より一汁三菜の食事をしましょう。副菜は野菜やきのこや豆類や魚介類や海藻など、不足しがちなビタミン・ミネラルを多く含む食材が使われることが多いです。「副菜は大事」なんですよ。> http://t.co/RAzukj2i

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です