太ってしまう原因について

今日から新しい話題を始めます。
今週は「太ってしまう原因 というテーマです。
何事も原因があるから結果があるんです。
あなたにダイエットが必要になってしまった原因が必ずあるはずです。

「あなたが太った原因は何だと思いますか?」

という質問をしたら、多くの人は、「食べ過ぎ」や、「運動不足」と思われるのではないでしょうか。

もちろん、食べ過ぎてしまうからカロリー摂取が多くなるのですし、運動が不足するからカロリー消費が少なくなります。そしてカロリー収支のバランスが太る方向に傾いてしまうんです。

肥満になる原因は下記の4つに集約されます。

  • 「食べ過ぎ」 → 摂取カロリー過多
  • 「運動不足」 → 消費カロリー低下
  • 「基礎代謝低下(筋肉、体温、血流)」 → 消費カロリー低下
  • 「自律神経の乱れ(不規則な生活)」→ 消費カロリー低下

ただ、食べ過ぎと一言で言ってもいろいろなパターンがあるでしょう。
ある人は揚げ物や肉料理などの脂っこい食べ物が好きで脂質の摂り過ぎでカロリーオーバーになっているかもしれない。また、ある人はスイーツなどの甘いものが好きで、糖分や糖質の摂り過ぎなのかもしれない。同じ食べ過ぎでもいろんなタイプがあるのです。

そして、Aさんは肉の食べ過ぎだけで太った。Bさんはスイーツだけで太った。Cさんは運動不足だけで太った。というように一つの原因だけで太るのでなく、いろんな原因が重なって、結果として摂取カロリーが消費カロリーを上回る毎日を過ごしていたから脂肪が増えてしまったのです。

ですから、もう少し細かく原因と対策を分けて考えてみないと自分の太る原因を見つけることは出来ないんですね。日本肥満予防健康協会では、太ってしまう原因を、大きく7つに分類しています。

【太ってしまう原因】

  1. 過食
  2. 運動不足
  3. 油の摂り過ぎ
  4. 甘いものの食べ過ぎ
  5. 間食が多い
  6. 夜食を食べてしまう
  7. お酒の飲み過ぎ

そして、これらの原因につながる主な要因として下記のようなことがあるとしています。

「早食い」、「つられ食い」、「ストレス食い」、「外食が多い」
「ファーストフートが多い」、「コンビニ弁当が多い」、「中食中心の生活」
「料理の作りすぎ」、「食卓大盛りつけ」、「残り物を食べる習慣」
「濃い味好み」、「買い物が好き」、「食べ物と同居」
「だらだら食いの習慣」、「食事が不規則」、「朝食を抜く」
「スローリズム」、「諦めてしまっている」

みなさん、当てはまること、きっとありますよね。

それが皆さんの太ってしまった原因や要因です。
そして、それらの習慣が残ってしまったままでは、ダイエットはスムーズに進まないだろうし、痩せたとしてもまた戻ってしまうでしょう。

今週は、これらの 太ってしまう原因について、順番に改善策を紹介していきたいと思います。

リバウンドなんかしないダイエットのために役立ててくださいね。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です