正しい運動は心と身体の健康維持に欠かせないのです

テーマ17 運動と健康目次

ダイエットで最も影響が大きいのは「食事」です。食べ過ぎていたらいくら頑張っても痩せれませんし、食事の内容がよくなかったら健康的にはなれません。

じゃあ、運動はしなくていいのかと言ったらそんなことはありません。運動というのはダイエットのペースを上げたり、シェイプアップして良いスタイルをつくったり、痩せにくい体質に変えたり、質の良いダイエットのために必要なのです。

そして、運動の効果はダイエットのためだけではありません。健康的な毎日を過ごすために運動はとても大切なことなのです。

「ダイエットのためには、1に食事、2に運動」 と言われますが、
「健康のためには、1に運動、2に食事」 と言われるのです。

また、体の健康のみならず、運動は精神面の健康にもとても良い影響を与えてくれるのです。

 

運動不足はストレスに影響するんです

ストレスを感じることがありますか?現代社会は仕事や人間関係で気を使うといいますしね。気疲れを感じることも多いでしょう。

でも、精神的な疲労だけがストレスになるのではないのです。運動不足がストレスに影響するんですよ。というのは昔に比べると頭が疲れることはどんどん増えているんで すね。脳はいつもフル回転で働いているのです。1日の終りに脳はかなりの疲労が溜まっているといえるでしょう。
それに対して、身体は運動が不足しているのです。昔に比べて便利な世の中になってますから、身体を動かす機会が少なくなって、身体はそれほどつかれていないのです。
そのような頭と体の疲労のアンバランスな疲れ方になる人が多いのです。そうなると夜布団に入ってもなかなか眠れなかったり、眠りが浅いものになってしまったり、睡眠の質の低下につながります。睡眠の質が低下すると体にも心にも疲労が蓄積します。ストレスに弱い状態になってしまうのです。

運動不足は心の健康に影響するのです。

 

ロコモティブシンドローム

運動不足になると筋力が落ちます。疲れ易くなって消費カロリーが落ちたり、基礎代謝が落ちてしまったり、そのようなダイエット面のマイナスにつながりますが、ロコモティブシンドロームになったら将来が不安ですよね。

ロコモティブシンドロームとは、加齢や運動不足などが原因になって足腰の機能が衰える状態のことを言います。進行すると将来介護が必要になる可能性が非常に高くなるとされています。「メタボ」や「認知症」と並んで健康寿命を縮めてしまう要因なのです。

要介護の危険は40代から始まっている

介護というと高齢になってからのことと思われがちですが初期症状は40代から始まるのです。骨、関節、筋肉の機能は40代で曲がり角を迎えるんです。女性ホルモンの分泌が減って骨が弱り始めたり、身体を支える力が衰えたり、膝の関節がすり減ったり、ということが始まる年代なのです。ですから若いうちから運動不足にならないよう対策をしておかないといけないと言われるのです。

しかし、このロコモティブシンドロームは最近急増しているといわれるんです。また、特に若い女性の誤ったダイエットが原因でサルコペニア肥満や隠れ肥満が増えていることから、今後さらなるロコモティブシンドロームの増加が危惧されているのです。

 

隠れ肥満とサルコペニア肥満

隠れ肥満というのは体重はそれほど多くないのに体脂肪が多い状態をいいます。私はダイエット問診をしているので多くの方のBMIと体脂肪率を確認するのですが、体重は健康理想体重以下なんだけど体脂肪率は完全に肥満のレベルという人も少なくはないですし、そのような極端な状態でないにしてもほとんどすべての女性が隠れ肥満の傾向があるといっていいでしょう。そして隠れ肥満の傾向が強い人はほぼすべての人が過去にリバウンドの経験があると答えられます。

間違えたダイエットがサルコペニア肥満につながる

間違えたダイエットで筋肉を減らしてしまって太りにくい体質になる。そしてリバウンドで体脂肪を増やしてしまう。その繰り返しが隠れ肥満を作ってしまうのですが、隠れ肥満になる出発点は筋肉量の減少なんです。

そして体脂肪率が高いということは、筋肉量が少ないということにほぼイコールですからね。ですから隠れ肥満とサルコペニア肥満はほぼ同義と考えてもいいでしょう。

 サルコは筋肉、ペニアは減少という意味ですが、筋肉の量が減ってしまって身体の機能が低下した状態に肥満が加わったものがサルコペニア肥満といいます。一見は普通の肥満でも筋肉が衰えていると血行が悪くなったり、体温と免疫力が低下したり、身体のコンディションは著しく低下しますから糖尿病や動脈硬化など生活習慣病になるリスクが非常に高い危険な肥満の状態なのです。

若いうちから運動不足だったり、加えて間違えたダイエットで筋肉量を減らしてしまったいると、隠れ肥満になったり、サルコペニア肥満といわれるようになったり、そして将来はロコモと言われて要介護になる。そんなことになったら困りますよね。

 

このブログを読まれている方は痩せたい欲求がある人が多いはずですが、特にそういう方は筋肉を減らしてしまうリスクが高くなるのです。ですから、今週は、「運動と健康」 について書いていきますので、しっかり「運動」のことも学んでいただきたいと思います。。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です