運動だけじゃ痩せないってホント?

ダイエットを始めるとき、食事をガマンするのは嫌だから運動でダイエットしよう。と考える人もいらっしゃるでしょう。

運動は健康のためにとてもよいことです。
運動不足にならないよう、普段から適度に身体を動かすようにしたいです。
もちろんダイエットのために運動をするのは良いことです。

でも、「運動だけじゃ痩せないよ」と聞いたこともあるでしょう。
本当に運動じゃ痩せないのでしょうか?

まずは、痩せるということがどういうことなのか説明します。

 

基本はカロリー収支のバランスです

<消費カロリー>
人は生きて活動するためにエネルギーを消費します。心臓を動かしたり体温を維持したり、生きているだけで消費するエネルギーもありますし(基礎代謝)
もちろん運動をすればそれだけ多くのエネルギーを使います。(活動代謝)
消費したエネルギー全体を「消費カロリー」といいます。

<摂取カロリー>
人間はエネルギーがないと生きられませんから補給します。食べ物を食べるというのはエネルギーを補給することです。食べたもののエネルギーの量を「摂取カロリー」といいます。

太る痩せるはそのバランスなのです

そして、太るか痩せるかということは消費カロリーと消費カロリーのバランスなのです。消費が大きければ痩せる。摂取が大きければ太る。理屈は単純にそういうことです。

「食事をガマンしたくないから運動しよう。」
ということは消費を上げようってことですよね。それで貴方が食べている食事の摂取カロリーを上回る消費カロリーになればいいのですが、消費カロリーを上回る食事をしていたらどんなに運動をしたって痩せることはできません。

そして、覚えておいてほしいことは..

「食べ物のカロリーは結構大きいものですぐに上がってしまう。」

そして

「運動で消費できるカロリーは意外に小さくて一生懸命運動してもなかなか上がらない。」

ということです。

 

摂取カロリーと消費カロリー

では具体的に運動で消費できるカロリーはどのくらいかというと、その人の現在の体型や体調によって個人差がありますが、下記がおおよその目安です。(日本肥満予防健康協会資料より)

  • 散歩程度でゆっくり歩く 73kcal/30分
  • 速いペースで歩く 123kcal/30分
  • ジョギングする 150kcal/30分
  • 階段の昇り降り 194kcal/30分
  • 水泳する(平泳ぎ) 367kcal/30分
  • 自転車に乗る 50kcal/30分

ではそれに対して、摂取カロリーはどのくらいかというと

  • おにぎり1個 約150kcal
  • メロンパン1個 約460kcal
  • シュークリーム1個 約160kcal
  • ショートケーキ1個 約320kcal
  • スポーツドリンク500ml 135kcal
  • ビール(中ジョッキ) 約200kcal

ちょっと運動してカロリー消費しても、お腹がすいたからといって、余分に間食してしまった、のどが渇いてスポーツドリンク飲んでしまったらたちまちチャラになってしまうのです。

ちなみに、今夜の夕食がカツカレーだったとします。1100kcalくらいあるでしょう。もし、その分を運動で消費しようとしたら、4時間近くもジョギングしなきゃならないんですね。

ちなみに、フルマラソンで消費できるカロリーは2400kcalくらいでしょう。少し大盛りのカレーをお代わりしたら42km走らないと帳尻は合わないのです。

つまり、なにが言いたいかというと、好きなだけ食べて運動で消費して痩せようという考え方はものすごく無理があるってことなのです。

 

○○だけダイエットに騙されてはいけない

でも、「運動だけで痩せたよ」 と言われる人も中にはいらっしゃいます。

あるいは、「そんなことで痩せるの?」と思うようなことで、例えば..
書くだけで痩せたとか、測るだけで痩せたとか、巻くだけで痩せたとか、色々あるでしょう。そんな話を聞いたら自分もそれで痩せられるかもしれないと思うかもしれません。

でも、もちろんそれでは痩せない人もいるのです。

一概に「これをしたら痩せる」という表現はものすごく無責任な言い方なのです。結局はそれをやってその人のカロリー収支のバランスがダイエット側になるかどうかということなのです。

元々少食のAさんの場合

Aさんは、もともと食事量が少ないとします。それほど外食が多いわけでもなく、味付けは薄味だし、毎日の献立には野菜が多いし、お酒も時々しか飲まないし、甘いモノが多いわけでもない。そしてあまり夜遅くに食べることもない。

つまり、もともと食事に関する問題が少ないんですね。そんなAさんが運動だけのダイエットをしたとしましょう。普段からもともと消費カロリーと摂取カロリーの差が少ないAさんなのですから、運動して消費カロリーが上がった分で、バランスが逆転して痩せることも可能でしょう。

あるいは、書くだけや測るだけのダイエットをしたとしましょう。書くだけで消費カロリーが上がるはずはありません。でも、どんなダイエットでもそうですが、「よし頑張ってダイエットするぞ」そう思うだけで、多少は歩く量が増えたり、食べる量が減ったり、無意識のうちにカロリー収支のバランスが変わるものです。それは、トマトやバナナのダイエットでも、どんなものでも同じです。

そして、Aさんはもともとカロリー収支のバランスが拮抗しているのですから、ダイエットできる可能性があるということです。

でも、すべての人がそうではありません。

Aさんがそれで痩せたと聞いて、普段から食べ過ぎのBさんが真似をしても同じように痩せるわけはないのです。

というか、殆どの人は無理だと思います。

だってAさんのようなケースが稀なのです。だってそもそも普段からちゃんと食事を節制していたなら、きっと太ってなんかいないでしょうから、ダイエットは無縁なのです。

稀なケースの人の言う事を信じて真似ても、ダイエットに成功できる確率は極めて低いといえるでしょう。

 

ということで..

やはりダイエットの時には食事の量を管理することは大事なのです。

ただ闇雲に運動だけしようと考えるのではなく、消費カロリーと摂取カロリーのことをすこし理解してダイエットに取り組まないとせっかくの努力が無駄になってしまうかもしれないですね。

ダイエットメール講座ではもう少し詳しく、例えば基礎代謝と活動代謝のバランスのことなどを説明してありますし、運動でダイエットしている人の中には「基礎代謝を上げたらもう太らない身体になれる」と信じている人もいますよね。そんなの嘘っぱちですからね。

あるいは、どういう運動がダイエット向きなのか、運動するならどういうことを意識してやったらいいのか。

また、運動と食事のバランスについてなど

最低限知っておいたほうがいいことが書いてあります。

興味がある人はダイエットメール講座を読んでみてくださいね。

 

購読手続き

1週間メルマガのページ

 

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. […] 本記事の関連ブログメール講座の購読はこちらhttp://homeyase.net/?p=5549 […]

  2. きぃたん より:

    > ジョギングする 150kcal/30分
    有酸素運動は30分以内ならこの消費カロリーになるかもしれませんが
    30分を越えると大幅にカロリーは消費されます。
    走ると翌日まで脂肪が燃焼しているのがわかります。
    発熱するので。
    私はジョギングで半年で30kg減量しました。
    食事量は1日3食、1食あたり2人前から3人前食べていました。
    運動で失敗する人が多いのは
    有酸素運動を30分以上継続しないことと食事を減らすからです。

    1日にフルマラソンの半分も走っていませんが
    記載されている計算では収支は合いません。
    マラソン選手は痩せている人が多いですが
    摂取カロリーは大きいですよ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です