L-カルニチン 脂肪酸をミトコンドリアまで運搬して脂肪燃焼しやすくする燃焼系サプリ

テーマ:脂肪燃焼系サプリメントを上手に活用するには 5/8

カルニチン(L-カルニチン)はダイエットで落としたり余分な脂肪をエネルギーに変換する効果を高めるビタミン様物質です。つまり脂肪を燃焼しやすくする成分です。

カルニチンを摂るには、利用しやすい食材の中では、ヤギやヒツジや牛肉など赤身の肉に比較的多く含まれていますが、野菜類や豆類などからはあまり摂取できません。「カルニチン」というのは「肉」を意味するラテン語に由来しているのです。

L-カルニチン 羊の肉 ジンギスカン

 

カルニチンは加齢とともに減少する

カルニチンは人間の体内でも生産されますが、その量はごく僅かです。しかも20歳をピークに徐々に生産量は落ちていきます。ですから、食品から補給をしないといけないのですが、ダイエットで肉を控えているとか、高齢で肉をあまり食べないとか、運動不足の人はカルニチンが補給しづらいのです。
かといって、カルニチンを摂取するために肉をたくさん食べてカロリーオーバーになってしまってはダイエットとして元も子もありません。

肉を増やさずにカルニチンを摂取したい。サプリメントによるカルニチンの摂取にはそういう意味があるのです。

では、そのカルニチンが体内でどんな働きをするのかというと・・

 

カルニチンの働き

身体にたまった脂肪を減らすためには、まずは中性脂肪を脂肪酸とグリセリンに分解する必要があります。そしてその脂肪酸を身体の細胞がエネルギーとして使えれば脂肪を減らすことができるのですが..

カルニチンは細胞の中に入ってきた脂肪酸をミトコンドリアの内部に運搬する役目を持っているのです。

ミトコンドリアはエネルギーを生成する器官

ミトコンドリアというのは細胞の中に存在する器官で、細胞によって異なりますが、一つの細胞に数十から数万も含まれています。
そのミトコンドリアは細胞内で呼吸をしながらエネルギーを作るのですが、エネルギーの材料になるのは、脂質、そして酸素です。

ミトコンドリアというのは細胞内でのエネルギーを作る発電所のようなものですね。

そして、細胞内で発電所に、燃やしてしまいたい脂肪酸を運ぶのがカルニチンの役目なのですから、カルニチンが不足してしまうと脂肪酸をエネルギーとして使えなくなってしまうのです。

また、どれだけエネルギーを作れるか、ということは、発電所であるミトコンドリアのコンディションにも左右されます。
そして、αリポ酸はミトコンドリアを活性化する成分として、コエンザイムQ10はミトコンドリアの中でエネルギーを作る手助けをしている成分として、カルニチンと一緒に配合されることが多いんですね。

  • カルニチン:ミトコンドリアに脂肪酸を運搬
  • αリポ酸:ミトコンドリアを活性
  • コエンザイムQ10:ミトコンドリア内でエネルギーを作る

 

脂肪を燃焼するために

上記のように カルニチンは脂肪燃焼のプロセスの中で大切な役割を持っていますので、カルニチン不足にならないようにサプリメントを摂ることはいいことですが。でも、カルニチンを摂取していればそれだけで脂肪が減るわけではありません。

脂肪の分解も意識する

脂肪酸をミトコンドリアに運ぶ前に、脂肪を分解してあげないといけないわけですしね。
ですからカルニチンは単体で使うのでなく、オルニチンなどの脂肪を分解する成分と併せて使割れることも多いです。あるいは、お茶は脂肪を分解する成分が多いので、お茶をのむのもいいです。スロトレなどの運動で脂肪を分解する成長ホルモンの分泌を促すのもいいでしょう。

運動でエネルギー消費

また、いくら脂肪を分解して、ミトコンドリアに運んだとしても、まるっきり運動していなくて、消費カロリーそのものが小さければエネルギーとして使うことはできないのです。

燃焼系のダイエーとするときには、なるべく運動も効率よくやる方がいいですよね。

そういった、プロセスの中の役割の一つということを理解して、カルニチン配合のサプリメントを使うようにしたらいいと思います。

 

 

おすすめのサプリメント

DHC ダイエットパワー

ダイエットパワー20日分

新品価格
¥936から
(2013/11/27 06:59時点)

  • 原産国 : 日本
  • 栄養成分 : 1日3粒あたり:熱量4.6kcal、たんぱく質0.35g、脂質0.07g、炭水化物0.65g、ナトリウム0.8mg
  • 内容量 : 23.2g
  • カロリー : 3粒あたり:4.6kcal
  • 全成分 : コレウスコリスコリエキス末、白インゲン豆エキス末、醗酵バガス、苦瓜エキス末、シトラスアランチウムエキス末、ゼラチン、L-カルニチンフマル酸塩、加工デンプン、バリン、ロイシン、イソロイシン、チオクト酸、ステアリン酸カルシウム、カラメル、酸化チタン
  • 原材料 : コレウスコリスコリエキス末、白インゲン豆エキス末、醗酵バガス、苦瓜エキス末、シトラスアランチウムエキス末、ゼラチン、L-カルニチンフマル酸塩、加工デンプン、バリン、ロイシン、イソロイシン、チオクト酸、ステアリン酸カルシウム、カラメル、酸化チタン

 

このサプリ、カルニチンとα-リポ酸 を両方配合しています。分解した脂肪酸をミトコンドリアまで運ぶ (カルニチン) と、ミトコンドリアを活性する (α-リポ酸) の両方の効果で効率よく脂肪を燃焼します。さらにBCAA(バリン、ロイシン、イソロイシン)という筋肉を維持するアミノ酸が配合されていて、運動時の脂肪燃焼を高めてくれます。とてもバランスがいい燃焼系サプリです。

 

次の記事 > α-リポ酸 ミトコンドリアを活性させ脂肪燃焼アップ、若返りも期待できる燃焼系サプリ
このテーマの最初 > 脂肪燃焼系サプリメントを上手に活用するには

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください