身体が温まる食べ物をとりましょう 冷え対策の食事


特集記事:冷え性 低体温対策 冬のダイエットと健康 5/5

食生活の乱れが冷えの原因になります。脂っこいもの、甘い物の食べ過ぎや、水分の不足などは血流を悪くしますから「冷え」の原因になりますし、ビタミンやミネラルの不足や、過度なダイエットの糖質不足は体温が上がりにくくなる要因です。
バランスよくいろんな食材を摂って、健康的な食生活を実践することが冷え性や低体温の改善にとってとても大切です。

温まる食べ物をとりましょう 冷え対策

まずは、栄養バランスの良い食事をとること。加工食品はできるだけ減らすことが大切です。

また、冷えを感じやすい方はなるべく身体を温める食べ物を摂るのがいいでしょう。それは「温かい料理や飲物」など、料理の温度のことだけではなく、東洋医学でいう「加熱食」を摂るのがいいです。

身体を温める食べ物 冷やす食べ物

生姜や香辛料は身体が温まると言われます。生姜は冷え性の人にはお勧めです。 料理に使うのはもちろん、お湯で割ったり紅茶に入れて飲んでもよいでしょう。寝る前に飲めば体が温まってぐっすり眠れますよ。
また、根菜類は身体を温める食べ物だって聞いたことがある人もいらっしゃるでしょう。一般的に冬に出来る食べ物、白菜、ねぎ、かぶ等は、体を温める効果があって、なす、きゅうり、トマトなど、夏に出来る食材は身体の温度を下げる効果があると言われます。

温まる食べ物をとりましょう 冷え対策

  • 寒い地域でとれるものは温める。
  • 南国のフルーツなど温かい地域でとれるものは冷やす。
  • 地中に根を伸ばして育つ根菜類は温める。(冬の野菜)
  • 枝にぶら下がってできる野菜は冷やす。(夏の野菜)

ただ、温まる食べ物を多く食べたらよくて、冷やす食べ物は食べちゃダメ、という話をしているのではありません。仮に「温める食べ物」を多く食べてても、基本的な栄養バランスが偏ってしまったら熱は作りにくくなりますからね。

食事を考える時、まずは栄養バランスをよくする、ということを最初に考えなければいけない前提のことで。その上で身体を温める食べ物を増やすようにしましょう。

また、自然な食事意識することも大切なことです。例えば、旬の時期を意識するということです。

食べ物の旬を意識する

温まる食べ物をとりましょう 冷え対策

昔の人は自然に温めるべきときに温まるものを、冷やすべきときに冷やすものを食べていたということなんですね。しかし現在ではスーパーにいけば季節や地域を超えて何でも売ってます。「旬」というものが分からなくなっているんですよね。その「不自然さ」が、現代人の低体温化につながっていると指摘する意見もあるのです。

なるべく旬の野菜を食べるようにしましょう。

 

これら、食事に関する改善は、冷えた時に温めようということでなく、普段から気をつけるべきことです。だから、加熱食を食べたらすぐに身体があたたまるわけではありません。

冷えてしまった時に身体の内側からすぐに温めたいときは、「生姜湯」がいいですねぇ!

 

★おすすめ生姜湯 冬の水分補給★

生姜には独特の辛味と香りがあります。
その辛味成分は 「ジンゲロール」と「ショウガオール」という成分ですが、ジンゲロールは消化を良くすることと強い殺菌効果があり、ショウガオールは腸を刺激して、血管を広げ血流を良くして、体温を高める効果があるのです。

ですから、「生姜湯」 は冬の水分補給にもってこいですよ。

夏場は熱中症対策などでマメに水分を補給しますが、冬はおろそかになりがちです。でも、冬は乾燥しやすいですし、水分補給の重要性は夏場と変わらないんですよ。特に冬場は風邪予防のためにも水分補給が大切です。

風邪やインフルエンザの原因となるウイルスは、乾燥した状態で活発になります。水分補給をしっかりすると喉や鼻の粘膜をうるおしてウイルスの侵入を防ぐと同時に、侵入したウイルスを痰や鼻水によって体外に排出する作用を助けてくれるのです。

でも、やっぱり寒いと水は飲みづらいもので…

だからお勧めなのは 「生姜湯」 なのです。
身体が内側から温まるから冬の冷え対策にもなしますし!
殺菌作用と、水分補給が風邪予防にもなりますしね!

で、TVで話題になっている、「希少糖」 を使ったジンジャーシロップがお勧めです。

まったく新しいジンジャーシロップ!世界ふしぎ発見で紹介の希少糖使用

希少糖は最近注目されている、「太らない糖分」 ですよ!!

 

ということで、冷え対策に関する記事は以上です。
参考にして頂いて、温かい冬をお過ごしください。

 

テーマのトップ > 冷え性 低体温対策 冬のダイエットと健康

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です