楽天市場 「歩数計」ランキング メルマガ 「正月太り対策 運動不足対策」

今日はメルマガ(下記)とソーシャルはウォーキングについての話題でしたし「歩数計」ランキングを紹介しましょう。

日常生活で歩数を増やすには「歩数計」を使うのがいいです。
最近の歩数計は小型で使いやすく、身につけておけば朝から夜まで自分が毎日どのくらい歩いているか数字で表してくれます。
その数値が大きくなるよう毎日の生活の見直しや工夫をしたら、太りにくい生活習慣が身につきますよ。

  • 歩数を増やすアイディア
  • エレベーターやエスカレーターを使わず階段を使う
  • 買い物は車を使わず歩いて行く
  • 駐車場は一番遠くに停める
  • 最寄り駅の一つ前で降りて歩く
  • その他 自分なりに工夫をしてみましょう

 

 











今日のダイエットメルマガ

1月4日号

正月なのでメルマガの配送時間が若干不定期になること、ご容赦下さい。

といっても、もう4日ですからね。私もそろそろ普段の生活リズムに戻していかないと、と思っています(^^ゞ

今日は「運動」についての話題を書きましょう。

冬のダイエットでネックになるのは「運動不足」です。

冬に太りやすい原因のひとつは寒くて億劫になって運動不足になることです。

加えて年末年始の食べ過ぎで太ってしまうのですが、運動不足をいかに解消するかということは冬太りしないためにとても大事なポイントですね。

そのためにも、まずは「運動しよう」という意識付けが必要だと思います。

【冬のウォーキングはお得ですよ】

ちなみに、冬より夏のほうが痩せやすいと思われがちですが、エネルギー消費の面では、夏より冬のほうが痩せやすいと言えるのです。

冬は寒いから体温を維持するための身体は発熱エネルギーを沢山使うからです。基礎代謝も10%近く冬のほうが高いのです。

ですから、例えばウォーキングをしても夏より冬のほうがエネルギー消費は高くなるんです。

つまり、冬の運動はお得なのです。

そして、正月太りのように短期間で増加した体重を戻すにはウォーキングやジョギングなど有酸素運動が効果的です。

増えた体重は体脂肪より、水分だったり、グリコーゲンなどの糖質の増加が大きく、それらを落とすには有酸素運動が効果的だからです。

つまり、今の季節は歩くと痩せやすいのです。

【歩き方の種類】

一言で歩く、ウォーキングする、といっても、歩き方や取り組み方によって効果が変わってきます。

歩くことは、買い物や通勤など、日常生活や用事を行うための動作としてのウォーキングもありますし、マラソン大会を目指してジョギングをしたり、ダイエットのためにウォーキングを行うなど、歩くことを積極的なスポーツやトレーニングとして捉える場合もあります。

正月太り解消のためなら、やはりエクササイズと捉えて積極的にウォーキングをするほうが効果があります。

「スロージョギング(ゆっくり走る)」 や 「スローピング(坂道を歩く)」 などのエッセンスを加えるとさらに効果的です。

外は寒いですが、寒い時のほうがエネルギーをたくさん使うんだということを思い出しながら、頑張って走ってみてください。体重はすぐ元に戻ります。

ただ、そういったウォーキングは継続することが難しいですからね。

太らないため、肥満予防という観点でいえば、日常生活での歩数を増やしたり、健康のための散歩の習慣を持つほうが効果的といえるのです。

そもそも、現代社会で運動不足が問題になるのは、世の中が便利になって日常生活で歩く機会が減っていることが原因です。

だからその分、健康やエクササイズのためのウォーキングを増やさないといけないわけなんですが、それだけでなく日常の生活の中で歩く機会をなるべく増やすこともしたほうがいいでしょう。

【冬の運動の注意点】

運動は身体にいいことdakedo、必ずリスクもある.ということも頭に入れておいてくださいね。

特に冬は身体が硬くなり、ヒザなどの関節を痛めやすいこともありますし、室内と室外の温度差による心臓や血管への負担にも注意が必要です。心筋梗塞や脳梗塞のリスクが夏より冬は高いのです。

暖かい部屋から寒い屋外に出て、急激に運動したりするのはよくないですから、外の気温に身体を慣らしながら、十分なウォーミングアップや準備運動をして、無理をしないよう気をつけて運動してくださいね。

また、冬は日が短く暗い時間に外に出るのが不安という人もいるでしょう。地域によっては雪や凍結でキケンということもあるでしょう。

ジムなど室内で運動が出来る環境があるならばそれに越したことはないですが、踏み台昇降のような運動なら自宅でも出来ますし、

テレビを見ながら腹筋をするなど、冬はスキマ時間を使った運動も有効に行うのがいいですね。

冬は運動不足に気をつける。

そのことを意識するようにしましょう。

本記事の関連ブログ

「正月太り対策 運動不足対策」

http://homeyase.net/?p=567

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です