楽天市場 「ファスティング」ランキング メルマガ 「春の七草(1月7日)は疲れた胃腸をいたわる日です」

今日はメルマガとソーシャルは七草の話題でしたし、「ファスティング」のランキングを紹介します。

七草は祭り事としての習慣だけでなく、疲れた胃腸を休めるなど現代人の健康のために理に叶った習慣です。そして、それは「ファスティング(プチ断食)」の理屈とも通じるところがあるんですよ。

プチ断食は摂取カロリーを制限するだけでなく、日頃休みなく働いている内臓に休息を与えてあげる意味があります。身体には「吸収は排泄を阻害する」というルールがあって、食べ過ぎて消化と吸収に追われていると毒素や老廃物の排出に手が回らなくなってしまうのです。
ですから時々プチ断食などで吸収を休めると、溜め込んでいた有害物質を体外に排出しやすくなるのです。普段から食べ過ぎ傾向の現代人には断食で消化吸収を休めることも良い健康法といえるのです。

 

楽天市場「ファスティング」ランキング

 











 

今日のダイエットメルマガ

1月5日号

明後日1月7日は春の七草の節句です。

一年の無病息災を願ってその日の朝に「七草粥」を食べる風習ですが、単なる習わしというだけでなく、疲れた胃腸を休めるなど、現代人の健康のためにも理に叶った習慣なのです。

今日はその話題を書きましょう。

【七草の節句】

七草粥は地域によって異なり、七草すべてが使われるわけではなかったりもします。でも、年のはじめに豊年を祈願したり、家族の健康を願いながらお粥をいただくその気持ちはどの地域も同じでしょう。

七草は早春にいち早く芽を吹くことから邪気を払うと考えられ無病息災を祈って七草粥を食べるようになったのだそうですが、そういった祭り事としての習慣ではありません。

【胃腸を休める目的】

お正月って暴飲暴食になりがちですよね。

お酒の回数も増えるし、普段とは違ってすこし豪華な食卓になる場合もあるでしょう。

そういったことから胃腸が疲れる季節でもあります。

年末年始からの暴飲暴食で疲れが出はじめた胃腸の回復のために、七草というハーブはとても効果的なのです。

またあっさりとしたお粥は、濃い味のおせち料理がつづいたあとに、とても新鮮な味わいですしお正月明けにはちょうどよい食べものなのです。

また、冬場は青菜の不足しがちな季節ですが、田畑で芽を出した野草を食べることで、ビタミンやミネラルなどの栄養を補給するという意味もあったのです。

そして、そろそろお正月から普段の食生活に戻していこうという意味でも、1月7日の七草粥は理にかなっているといえるでしょう。

現代では酵素ダイエットやプチ断食が流行っていますが、理屈はそれに似ているんですよ。

【プチ断食とは】

プチ断食は摂取カロリーを制限するだけでなく、日頃休みなく働いている内臓に休息を与えてあげる意味があります。飽食の現代社会では、正月でなくても食べ過ぎてしまっていたり、あるいは食品添加物の影響などで内蔵に負担がかかっているのです。

身体には「吸収は排泄を阻害する」というルールがあって、食べ過ぎて消化と吸収に追われていると毒素や老廃物の排出に手が回らなくなってしまうのです。

ですから時々断食で吸収を休めると、溜め込んでいた有害物質を体外に排出しやすくなるのです。

7日の朝に七草粥を食べて、今年のダイエットの成功を祈願して、本格的にダイエットをスタートするとか、そのタイミングでプチ断食にチャレンジしてみるのもいいんじゃないかと思いますよ。

ということで、本来の七草は旧暦の1月7日で、現在の1月の終わりから2月にかけての季節なので、新暦の1月7日に七草を集めるのは時期が早いのですが、いまはスーパーでも七草のセットを売っています。

明後日の朝は七草粥を食べてみてください。

本記事の関連ブログ

「春の七草(1月7日)は疲れた胃腸をいたわる日です」

http://homeyase.net/?p=724

明日6日から3日間、都合によりメルマガはお休みになります。

9日(木)からのテーマは 「砂糖」についてです。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください