楽天市場「マルチビタミン」ランキング メルマガ「砂糖の過剰摂取によるビタミン・ミネラル不足の問題」

今日のメルマガとソーシャルは砂糖がビタミンやミネラルを奪ってしまうという内容でしたから、マルチビタミンのランキングを紹介します。

砂糖だけでなく、ストレスでもビタミンが不足しやすくなりますし、最近では食品添加物のとり過ぎもビタミン不足につながる問題として不安視されています。
普通の食事で十分なビタミンを補給することは難しいです。サプリメントで補うことも積極的に考えたほうがいいと私は思います。

 

今日のランキング

 

 

 

今日のメルマガ

1月12日号
今週は「砂糖」の話題ですが、甘いものをよく食べるという状態、実はこころの問題と繋がっている場合があります。

甘いものを我慢するとイライラしちゃう。だからガマンはしないという人もいらっしゃいますが、ストレス解消になっていると思って食べているスイーツが、イライラや落ち込みを余計加速させている。ということもあるのです。

近年、子どもの心の健康問題や、高齢者のアルツハイマーが増加し、社会的にも問題になっていると言われます。

こころと体の健康のために、お菓子の摂り方を見直しましょう。

 

1月12日 日曜日号

今週は「砂糖のキケン」という話題です。
今日は「砂糖の過剰摂取によるビタミン・ミネラル不足の問題」について書きます。

【ビタミン・ミネラル】

ビタミンやミネラルは野菜を食べる量が足りなかったり、昔に比べ野菜そのものの栄養素が落ちていることもありますし、普段から不足しがちな栄養素です。

ビタミン・ミネラルは体調を整えたり、身体の機能を上げる役割がありますから、不足すると身体のいろんな不調や精神の不安定につながります。

【砂糖がビタミンを奪う】

糖質は体内で分解されてエネルギーとして使われる時に大量のビタミンB1が必要です。

例えば野菜などでも糖質は含まれます。食べれば分解されるのでビタミンが必要ですが、野菜にはビタミンやミネラルも含まれているのでそれが使われるんです。

ところが砂糖はビタミンなど他の栄養素を全く含んでいませんから体内の組織から、特にビタミンB1を奪って使ってしまいます。

ビタミンB1は糖質を分解する酵素を助ける役割があり、不足をするとエネルギー不足で疲れやすくなったり、手足のしびれ、むくみ、動悸などを起こします。

また、特に砂糖によってビタミンが奪われることで問題になるのは心の健康についてです。

【ビタミンB1不足による心の不安定】

糖質は脳と神経のエネルギーですからビタミンが不足してエネルギーがうまく使えなくなると心の不安定につながるのです。

脳や神経がエネルギー不足になると集中力がなくなり、イライラしやすくなったりします。

また砂糖の摂り過ぎは自律神経を乱し不眠や鬱にも影響を与えるのです。

砂糖によって血糖値が急上昇した状態は脳にエネルギーが沢山流れこんで「高揚した気分」なのです。しかし、急上昇した血糖値は急降下をします。その状態は疲れや飢餓感や精神的な不安定感につながります。

つまり気持ちがアップ・ダウンしちゃうんですね。

【子供がキレるのも砂糖の影響】

体と心が不安定になることは子供達にとって重大な問題です。校内暴力などを起こしたり、いじめや登校拒否などになる原因の一つが砂糖の過剰摂取から起こるビタミンB1の不足が影響しているといわれます。キレるのは砂糖の影響もあるのです。

1日の砂糖の摂取量が30gを越えた幼稚園児に「友達とうまく遊べない」「ぐずる」「寝起きが悪い」「かんしゃくを起こす」「元気がない」「注意散漫」などの行動が多いという調査報告があるのです。30gは甘いジュースが約1杯です。

【砂糖がアルツハイマーの原因?】

子供だけの問題ではありません。

アルツハイマーになってしまう方は、若い頃に甘い物をよく食べていた人が多いという調査結果があります。

また患者は1日中アメを舐める、甘いモノをたくさん食べるなど、特に精製された砂糖の過剰摂取が極めて目立つ。という報告もあります。

砂糖は子供にも大人にも「心の健康」を脅かす存在なんですね。

また、ビタミンだけでなくカルシウムなどのミネラルを奪ってしまう原因にもなります。

ですから、ダイエットで太りやすいからというだけでなく、砂糖は控えめにしたいですよね。

本記事の関連ブログ

http://homeyase.net/?p=1415
明日は「砂糖でシミ・シワが増える」という話題を書きます。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です