ダイエットの目標をたてる必要性と体重管理について

テーマ1目次

この記事から新しいテーマで、新しいサイクルがスタートですから最初にダイエット教室について、簡単に紹介しましょう。

 

ダイエット教室とは

当サイトでは、毎週ひとつのテーマを決めて、ダイエットの基本的なことから、食事のこと、運動のこと、生活サイクルのことから健康、美容やアンチエイジングまで、「健康的にダイエット出来るようになるための知識」をお伝えしていきます。

テーマはレギュラーテーマが21ります。

ひとつのテーマは5~6記事で、ブログの更新した記事をFacebookとメルマガで関連記事を投稿します。読みやすいチャンネルで情報をキャッチしてください。

ということで、最初のテーマからはじめていきましょう。

 

ダイエットの目標(体重管理)

最初のテーマは 「ダイエットの目標(体重管理)」 という話題です。

とても大切な話題です。

何事においても目標を決めることは大事なことで、目標を決めることなく、な~んとなく始めたことにはゴールもないし、な~んとなく終わってしまうものです。

特にダイエットというのは ”継続すること” がなにより大事なのですから、自分のやる気やモチベーションを高め、維持するためにも適切な目標を決めたほうがいいでしょう。

もし、その目標の決め方があまり適切でなかったとしたら・・

非現実的な目標だったら

例えば、決めた目標が1ヶ月に30kg減量だったとしても、そのような現実離れした目標は最初から無理だとわかっているわけですから目標がないのと同じです。

厳しすぎる目標だったら

では、1ヶ月に10kgにしたとします。現在の体重が200kg位ある人なら可能かもしれないですが、普通の体重の人ならかなり厳しい目標です。最初はその目標達成に向かってがんばれるかもしれません。でも、その目標にそって進まないですから。焦って無理をしちゃったり、イライラしてストレスがたまったり、身体的にも精神的にも辛い毎日を過ごさないといけなくなるでしょう。そんな日々は続けることはできませんからやがて挫折してしまうでしょう。

甘すぎる目標だったら

逆に、ストレスは良くないから、キツイのは嫌だから、と、あまりにも甘すぎる目標だったとします。たぶんそれでは痩せないでしょう。だってつい怠けちゃう癖があるから太っちゃったんですもんね。

 

目標は、現実的な範囲内で、頑張れば達成できる、頑張らなければ達成できないくらいの調度良いところにするべきなのです。

では、現実的な範囲内ってどのくらいなのか?

現実的な目標値

もちろんそれはひとそれぞれ個人差があります。その人がダイエットをする目的によっても異なるでしょう。

体重のkgで言っても、体重がかなり大きくオーバーしている人と、標準体重に近い人では1ヶ月に落とせる体重はかなり違いますし、年齢や性別や体力によって、またその人の生活環境によっても違ってくるでしょう。

また、取り組むダイエット方法によっての差もあります。

ですから一概に何kgならいいかと数値では言えないですが、

一般的には1ヶ月に体重の5%以内 にするのがよいといわれます。

現在60kgの人であれば3kg/月以内、100kgの人なら5kg/月以内 ということですね。それ以上の高い目標は身体に無理をかけてしまいます。

無理のない範囲で、甘過ぎない目標を決めるといいでしょう。

ダイエットの管理

また、目標に向かって体重や体脂肪を管理していくことも必要ですね。

目標というのは、ダイエットのkgだけではありません。
というか、ダイエットのkgだけを目標にすると成功しにくいものです。kgだけでないその他の目標を持つことも大事なのです。

では、自分にとって、どういう目標を立てたらいいのか?

2テーマにわたって、「ダイエットの目標」 のことを書いていきますが、最初は体重管理の話しをさせて頂きます。

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ゆみ より:

    目標って大事ですね~
    ダイエットの繰り返しをしてた時は、
    とにかく体重が減ればいいって思ってました。
    10キロ痩せたい!! 

    あまりにも無茶な数字を考えずに決めてました。。

    最初は頑張ってたんだけど、最初は厳しくしても
    だんだん続かなくなって、途中で挫折の繰り返しでした。

    少しだけ、、頑張れば出来るくらいがいいんですね~

    目標に向かってどんな事をすればいいか
    情報日記で学ぶ事ができるんですね♪

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください