肥満の判定方法 – BMI指数

テーマ1目次

 

ダイエットをする以前に、そもそも自分が太っているのかどうか、あるいは痩せているのかどうか。その判定をする方法が必要です。

太っているのに太っていないと思っている人(認めたくないだけなのか)、もう十分に痩せているのに、さらに痩せたいと思っている人(若い女性にとっても多いです)、それでは目標設定どころではないですもんね。

二つ紹介します 「BM」 と 「体脂肪率」 です。

 

BMI(ボディ・マス・インデックス)

まず、「BMI」 の話をしますが、これは 身長に対しての重さ(体重)を計算して肥満の度合いを判定する判定方法です。

BMI指数=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)

という計算をします。身長が 160cm で 体重が 55kg だったとしたら

55kg÷1.6m÷1.6m=21.5 (BMI) になります。

この数値が、18.5~25.0 が標準体重です。

そして 18.5未満は低体重、 25を超えると肥満と言われます。

世界の基準と日本の基準では若干差があります。それは日本人というのは肥満に弱いからです。
どういうことかというと、欧米人には100kgを超える人や、200kgを超えるような高度肥満の人もけっこう多かったりします。しかし日本人はそのような体重になる前に糖尿病などを発症してしまいます。つまり身体の構造上肥満に弱いといえるのです。

 

健康理想体重

そして統計上、最も病気になりにくく健康的な体重というものがあるんですが、この数値は日本人も欧米人もほぼ同じで 22.0 と言われます。

自分の身長での健康体重を計算するには

健康体重=身長(m)×身長(m)×22 で計算できます。

各身長での健康体重は下記です。

この体重が最も病気になりにくい体重であるということですね。太りすぎている人はこの体重を目標にしてダイエットをするのが良いでしょう。

でも、特に若い女性で、痩せ願望の強い人から見たら、健康理想体重ってけっこうぽっちゃりだったりします。「えっそんなに太ってなきゃいけないの?」 と思われる人もいらっしゃることことでしょう。

そういう人は美容理想体重を目指して下さい。

 

美容理想体重

あくまで美容目的で、見た目にほっそり見え、健康にそれほど悪影響を与えない美容体型は、BMIが 19~20 であるといわれます。女優さんはこの範囲の体重の方が多いと思います。その範囲を目標にされるのがいいでしょう。

美容理想体重=身長(m)×身長(m)×19 で計算できます。

モデルさんの場合は、以前は BMI が18 くらいの低体重、いわゆる「痩せすぎ」 の人が多かったですが、それでは健康的ではない、という理由で世界的に痩せ過ぎのモデルは起用しないなど、健康を意識して美に対しての価値観が変わり始めているのです。

ようは、太り過ぎも、痩せ過ぎも、健康的ではないということであって、健康のためには適正な脂肪の量、そして適正な筋肉の量を維持するのが良いということなのです。

 

BMIはあくまでも目安

しかし、BMI指数 というのは、あくまでも身長に対しての体重を見るだけであって、脂肪の量まで見ることができません。

肥満というのは体重が重たいことを言うのではありません。
必要以上に体脂肪が増えてしまった状態のことをいうのです。
人の身体はさまざまな物質でできています。おおまかには水分と、筋肉に多い糖質とタンパク質、骨に多いミネラル、それと脂肪でできているのですが。
肥満というのは、この中の脂肪の割合が多すぎることなんです。

例えば、BMIでは肥満のレベルであっても、運動選手のように筋肉量が多ければ体重は重たくなるわけですから肥満ではありません。
逆に普通体重やそれ以下であっても体脂肪率が高ければ肥満なのです。

同じ体重であっても体脂肪が多ければ太って見えますよ。それは筋肉より脂肪は密度が低く体積が大きいからです。

また健康を考えた時も脂肪が多いことが問題になります。脂肪が内臓に溜まった状態が生活習慣病などの健康上の問題に繋がりやすいのです。体重が軽くてもメタボリックシンドロームになって生活習慣病を引き起こすことだってあるのです。

ですから、BMIだけではなく、次回詳しく説明をする 体脂肪率 ということも見ておかないといけないわけですね。

ということで、次回は 体脂肪率 の話をします。

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください