便秘は排便回数では定義できません。毎日排便があっても便秘の場合もあるのです。|楽天「健康・ダイエット」ジャンルで 「食物繊維 便秘」を検索

ダイエット中は便秘になりやすくなります。
食べる量を減らすことによって腸の蠕動運動が低調になってしまうとか、水分摂取が減って便が硬くなってしまう。といったことが要因になります。そして、今週からのテーマである「食物繊維」の摂取量が減ってしまうことも便秘になりやすくなる要因なのです。
ダイエットで食事を減らす場合でも、食物繊維や水分は減らさないように、むしろ増やすようにした方がいいのですが..

そもそも「便秘」とはどういう状態のことを言うのでしょう。
もちろん便が出づらい状態のことですが..
週に何回排便したら便秘じゃないといえるのか、毎日なかったら便秘なのか?

実は便秘は排便の回数では定義できないのです。
排便習慣というのは個人差が大きいものです。

例えば、2~3日に一度の排便でも、それが規則的であって、何の障害もなくスッキリした満足感があるのであればそれは便秘とは言いません。
逆に毎日排便があっても、残便感があったり、おなかが張った感じがあって、1度に出せずに何度もトイレに行くことだってあるでしょうしね。そういったスッキリしないのであれば毎日排便があっても「便秘」なのです。

例えば週に1度しか排便がない、といった明らかに少ない場合は回数から判断して「便秘」といえるのですが、回数に関わらず。「スッキリ出来ているか出来てないか?」ということが大事な判断基準になるんですね。

そして、スッキリ出来るか出来ないか、の違いは、腸内の環境によって左右されることが多く、食物繊維というのは腸内の環境に影響するのです。

食物繊維豊富な食生活を心がけましょう。
食環境の都合で食物繊維不足が心配な方は、サプリで補給をしましょう。

 

今日のランキング

楽天「健康・ダイエットジャンルから 食物繊維 便秘 を検索」

1.便秘に役立つ食物繊維【1】一日2回コップ1杯の水に混ぜて飲む粉末の食物繊維 古い便をためないで綺麗で正常な状態を保つ『ラクシュミ:便秘解消に食物繊維+ビフィズス菌+シャンピニオンエキス+オリゴ糖のパワー! 』を見る

2.便秘に役立つ食物繊維【2】美肌の秘訣はおなかのお掃除!そのままでもヨーグルトや紅茶に混ぜても『送料無料 レビューでエコバックプレゼント!リンゴの繊維&プラチナ乳酸菌入「ちょうキレイ」30包入(約1ヵ月分)』を見る

3.便秘に役立つ食物繊維【3】便秘を解消してすっきりしたい方、毎日の野菜不足が気になる方に『【送料無料】便秘のお悩みやダイエットに!手軽に食物繊維を補給できるサプリメント!『アガベの便り7日間分(14包)』【初回』を見る

4.便秘に役立つ食物繊維【4】飲み物や料理などに混ぜる粉末食物繊維『【業務用1Kg★お徳用】たっぷりとれます!食物繊維ピュアファイバー!水溶性食物繊維は食後の血糖値や血中中性脂肪値の急激な上昇をおだやかにします』を見る

5.便秘に役立つ食物繊維【5】ジュース感覚で飲めるスリムinファイバーとスリムdeエステ 食物繊維、生薬成分でお腹スッキリ『【送料無料】宿便・便秘・ダイエットに★食物繊維 スリムinファイバー 30包』を見る

6.便秘に役立つ食物繊維【6】おなかの健康と食べ過ぎ防止にビジズス菌とたっぷり膨らむ食物繊維『オリゴビフィズス50億プラスII(5g×48袋入)【オリゴ糖】【ビフィズス菌】【食物繊維】【便秘】【ダイエット】』を見る

7.便秘に役立つ食物繊維【7】とうもろこしのデンプンから作った水溶性食物繊維。宿便などおなかの調子の気になる方に。特保『送料無料 ファイバーセブン15包(約15日分)6個セットファイバーがたっぷり|イージーファイバー』を見る

8.便秘に役立つ食物繊維【8】便秘解消・便秘改善でお腹をスッキリ!便秘を解消、改善に前向きの方に『シェイプボクシングプロ 黄 SBP-300 [ 協栄ジム ダイエット 便秘 サプリメント 乳酸菌 食物繊維 配合』を見る

9.便秘に役立つ食物繊維【9】毎日簡単に飲める、ごぼう茶は、テレビで紹介されて大人気!『ごぼう茶 国産 送料無料 70g ゴボウ茶 牛蒡茶 ごぼう茶 国産(血圧 お茶 焙煎ごぼう茶 食物繊維 便秘解消』を見る

10.便秘に役立つ食物繊維【10】毎日のコーヒーにイヌリンをスプーン1杯入れて”お腹スッキリ!、ビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌を特異的に増やす作用に優れています。『飲む食物繊維:イヌリン(400g)【200g×2】』を見る

—–

 

今日のメルマガ

「食物繊維は健康にも美容にもダイエットにも大切な栄養素」

6月23日号

先週まではビタミン・ミネラルの話でした。そして今日からの話題は「食物繊維」についてです。
どちらも摂取が不足気味の栄養素で「野菜不足」が原因のひとつになっています。

この季節には夏バテ予防のためにも「夏野菜」をしっかり食べたいですね。ということで、季節のダイエットサイトでは夏野菜の料理レシピも紹介しています。
毎日の献立を決めるのって大変ですよね。参照してください。

「トマト」を使ったレシピ!!
夏に増えやすい活性酸素を抑えて、ダイエット効果もある夏の必須野菜です♪
http://season.s-diet.com/?p=288

「ゴーヤ」を使ったレシピ!!
ビタミンCが豊富で夏美容に◎ スタミナアップし、胃腸の粘膜を保護し、夏バテ予防にバッチリ
http://season.s-diet.com/?p=302

「ピーマン」を使ったレシピ!!
ビタミンCとカロテンで疲れた夏の肌をエイジングケア♪
http://season.s-diet.com/?p=313

「かぼちゃ」を使ったレシピ!!
老化やガンを予防するなど、若返りビタミンと言われるE、βカロテンが豊富
http://season.s-diet.com/?p=323

「きゅうり」を使ったレシピ!!
水分を補給してからだの熱をとり、口の渇きをとめ、利尿作用があります。
http://season.s-diet.com/?p=362

「ナス」を使ったレシピ!!
ほてった体をクールダウン 抗酸化が強く日焼け対策にも◎
http://season.s-diet.com/?p=376

「オクラ」を使ったレシピ!!
ネバネバ成分で夏バテ予防 食物繊維でお腹もスッキリ!!
http://season.s-diet.com/?p=260

「モロヘイヤ」を使ったレシピ!!
青物野菜が少ない夏場に役立つ栄養素の補給ができます!!
http://season.s-diet.com/?p=276

6月23日 木曜日号

今週は「食物繊維」についての話題です。
今日は最初の記事を書きます。

食物繊維とは人の消化酵素で消化されない成分の総称です。

健康を維持するために大切な栄養素ですが、昔は身体に必要とは思われておらず、むしろ栄養を外に出してしまう「食べ物のカス」と考えられていました。しかし現在では健康のためにとても有益なことがわかっていて、六大栄養素のひとつとして重要視されています。

いろんな良い効果が期待できます。

・便秘の解消や予防をする。
・便が出やすくなることで、大腸がんの予防を期待できる。
・食べ過ぎによる肥満予防を期待できる。
・血糖値の上昇を穏やかにする。糖尿病予防
・デトックスが期待できる。
・腸内の有用菌を増やし腐敗菌を減少させ腸内環境を整える。
・コレステロール値を下げる。

などなど..

 

【食物繊維はダイエットに役立ちます】

まず食物繊維の多い食べ物ってよくかまないと食べれないものが多いです。よく噛むことは満腹感を早く感じさせてくれるダイエット向けの食べ方ですよね。

食べた繊維は胃や腸の中で膨らむのですが、それもダイエットのために役立つことですね。

さらに、血糖値を緩やかに上げてくれる効果があるので、食物繊維の多い食べ物を献立に加えると太りにくい食事になります。

食物繊維そのものが低カロリーということも嬉しいですし、食物繊維はダイエットにとって都合がよいことがいろいろあるのです。

それとなんといっても便秘予防の効果があることが大事ですね。

 

【ダイエット中の便秘】

ダイエット中はどうしても便秘になりやすいです。それは食べる量が減るので、出すものの量も減ってしまうからです。だから腸の動き不活発になってしまうのです。

便秘になって排泄物が長時間腸内に留まると、悪玉菌や毒素が身体にまわります。
だから便秘になると口臭や体臭がきつくなったり吹き出物が出るのですが、毒素が身体にまわることがダイエットの代謝の妨げになったり、健康上の問題にもなります。大腸がんなどの原因にもなるのです。

便秘の予防効果がある食物繊維に注目することは、ダイエットをするだけでなく健康や美容のためにも大事なことなんですね。

 

【水溶性と不溶性】

ひとことで食物繊維といってもいろんな種類があります。大きく分けると水に溶けやすい 「水溶性」 と、水に溶けにくい 「不溶性」 に分けられます。

<水溶性食物繊維>

水溶性食物繊維は、水に溶ける食物繊維で、腸内で水分を抱え込んでネバネバとしたゲル状成分となり、有害成分を吸着して排泄させる効果があります。

また一緒に食べた糖質を包み込んで、体内でのブドウ糖の吸収を緩やかにする働きがあるので、食後の血糖値の急激な上昇を抑えてくれる効果があり糖尿病の予防に効果的なんです。

<不溶性食物繊維>

不溶性食物繊維は水に溶けない食物繊維です。水分を吸収して数倍から十数倍に膨らみ、腸壁を刺激して腸のぜん動運動を高めます。便秘解消、腸の病気の予防などの効果があります。

本記事の関連ブログ
http://homeyase.net/?p=1776

明日は「消化と吸収と排便」について書きます。

 

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です