浮腫(むくみ)は体調不良のシグナルです。原因を無くす根本解決が大事です。

水不足とむくみ

先週から水分補給について書いてきました。その最後に 「むくみ の話題」 を書いたのは、水の飲み方がむくみに影響するからです。
むくみに関して、「水を飲むとむくんで水太りするからあまり飲まないようにする」 という誤解をしている人が意外に多くいらっしゃいます。
また、「汗をかいたら体重が落ちる=痩せられる。」という誤解から、ダイエット中に水分補給を控える人もいらっしゃいます。

そういった誤解が、むくみをひどくしてしまうことに繋がりやすいのです。
もちろん過剰な摂取はよくありませんが、水は適切に補給しないといけないということは、先週からの記事で書いてきたとおりです。

むくみというのは、血液中の水分が血管の外ににじみ出て、細胞と細胞の間に溜まって排出できなくなっている状態のことです。
つまり、体内の血液や水分の流れがスムーズにいっていない(血行が悪い・代謝が悪い)人がなりやすいのです。水分が不足すると、血液の粘度が増して、ドロドロになって流れにくくなることがむくみを起こしやすい状態にするわけですが..

運動不足とむくみ

血行を悪くする原因は他にもおろいろあります。

それこそ心臓の機能が低下しても血流は悪くなりますし、血管が老化して細くなっても悪くなります。あるいは血液を心臓に戻すポンプの役割をする筋肉の働きが低下しても悪くなります。

生活習慣の悪さが身体を老化させてむくみやすくなっている場合もあるでしょうが、若い女性で特に夕方脚のむくみが気になる人は筋力の低下が原因の場合が多いと思います。

運動は嫌だから、食事のみダイエットして、筋肉を減らしてしまっている女性って非常に多いですからね。そういうひとは冬の寒さや、夏の冷房で「冷え」が気になるケースも多いのですが、「足のむくみ」+「冷え」 がある人は運動習慣の見直しから始めるのがいいと思います。

老廃物とむくみ

それともう一つ!
老廃物(体内の毒素)がむくみの原因になる場合もあるのです。
老廃物が血管やリンパを圧迫して流れを妨げてしまうことがあるのですが、だから便秘がちの方はむくみやすかったり、冷えやすいということもあるのです。
ダイエットをすることで便秘にもなりやすいのですから、便秘がちの方は注意が必要ですね。

特に下半身のむくみが気になる方は、老廃物のことも気にした方がいいです。下半身は老廃物が排出しにくいからです。
そして、ひとことで「老廃物」と言ってもいろいろで、人の細胞が体内で作る老廃物もあれば(体内毒素)、本来身体に存在しない有害物質が身体に入ってしまうこともあるのです(体外毒素)

そのことについては、来週からのテーマが「デトックス」なので、そちらで詳しく書きますので来週の記事を読んでいただきたいと思いますが、身体に老廃物を溜めないこと、デトックスを意識することもむくみの原因の解決に繋がるのです。

むくみ対策

むくみ解消というと、足を上に上げるとか、マッサージをするとか、対処療法が目立ちますが、水分を含め食事の習慣や、運動や生活習慣、デトックスなど、根本の原因解決になることが大切なのです。

だって、血行が悪いということも、筋肉が低下していることも、毒素が溜まっていることも、むくみだけの問題でなく、様々な生活習慣病や体調不良など、いろんな問題につながることだってあるのです。
むくみやすいということは、体調が悪くなっているシグナルなのです。軽く考えないようにすることが大事といえるでしょう。

 

今日のランキング

ということで、ランキング記事は、楽天のフットケアのランキングをピックアップしてみましたが、今人気なのは 「足裏樹液シート」 が上位独占でした。
私も試してみたことがありますが、「寝ている間に足裏から毒素を出しちゃう」、というものです。興味がある方は下記からどうぞ!

むくみ対策で人気の 足裏樹液シート とは |楽天「フットケア用品ランキング」ベストテン

今日のメルマガ

「むくみについて」

7月18日号

今日はむくみについての話題です。
むくむことは太ることとは少し違います。

脂肪が増えちゃっているわけではないのですが
でも、むくんでいると太って見えちゃいます。
むくんでいないほうがいいですよね。

だからマッサージをしたり、むくみの対策グッズを使ったり、ひとそれぞれ対処があると思いますが、
そういったむくんだ箇所を解消する、いわゆる対処療法だけではなく、むくみやすくなっている原因を取り除くことが大事です。

むくみの理屈も知っておいたほうがいいですね。

7月18日 金曜日号

今週は「水分補給」という話題でしたが
今日は「むくみ」にいついて書きます。

【むくむから水を飲まないのは間違い】

特に女性はむくみやすいと言われますが、仕事などで立ちっぱなし、
あるいは座りっぱなしなど同じ姿勢をしていて足がむくむ経験をされる人も多いでしょう。

また、朝起きた時にむくんでいて顎がふっくらしていたり、まぶたが腫れぼったかったりすることがあるでしょう。
時間がたつとひいてきますから気にしないという人もいるでしょうが、むくみやすい人は肌のたるみを起こしやすいんですよ。

また、むくみやすいと太って見えますしね。
何とかしたいものですが

水を飲むとむくみやすいからあまり水を飲まないように考える人がいますが、それは間違いなのです。

単純に水分が多い少ないではなく、血液の流れや代謝が悪くなっていることを見直さないといけないのです。

【むくみの原因】

むくみとは血液中の水分が血管の外ににじみ出て、細胞と細胞の間に溜まってしまうことです。にじみ出る水分は必要なのですが、その細胞間液が回収できないで滞ってしまうからむくむのです。

血行が悪くなっていたり、水分代謝が悪いことが原因なのですが..

腎臓の機能が低下しているなど疾患が原因の場合もあります。ですからむくみがひどい状態が続いたら病院で診察してもらう必要もありますが、
一般的には食事や運動など、生活習慣が要因になって代謝が悪くなっていてむくみが起こりやすくなっている場合が多いです。

<食生活の問題>

例えば食生活の問題でコレステロールが高くなるなど、血液がドロドロになっている状態なども血行や水分代謝が悪くなりますが。

水分が不足してもドロドロになります。
むくみを気にして水分を制限するのは逆効果なのです。

また、塩分や糖分のとりすぎもむくみの原因になります。

塩辛いものを多くとると体内のナトリウムが増えます。それを中和するために体内の水分量が増えるんです。

糖分を取り過ぎると体内のビタミンB1が不足します。ビタミンB1が不足するとタンパク質の合成がうまくいかなくなり血中タンパク質が不足します。
そのタンパク質濃度を保つために血液中の水分が血管外に出てしまいむくみやすくなります。ですから、タンパク質の摂取が不足しても同じようにむくみやすくなります。

<運動習慣の問題>

また、血液やリンパの流れをスムーズに行うためには筋肉の働きが必要です。運動不足などで筋肉量が減ることもむくみの原因になるのです。

血液を送り出すのは心臓がポンプの役割をしますが、血液を心臓に戻すには筋肉の働きなのです。
特に下半身は心臓から遠くなります。また重力の影響で水分や血液が下に下にたまりやすい部分ですから、ふくらはぎなどの筋肉の力がスムーズな循環のためには大切になります。

【太ってしまう原因がむくみにもつながるのです】

つまり、肥満につながりやすい食事や運動の習慣がむくみの原因にもなっているのです。むくみやすい人は太りやすい生活習慣をしていると言えるでしょう。

ですから太りにくい良い生活習慣に切り替えていく正しいダイエットを行うのであればいいのですが、

極端な食事制限をして栄養バランスを崩したり、運動をしないダイエットで筋力を落としたり、体重ばかりを気にして水を飲まないダイエットしてしまったり、

間違えたダイエットはむくみを助長させてしまうのです。

無理のない正しいダイエットをすることを心がけてくださいね。

本記事の関連ブログ
http://homeyase.net/?p=2113

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です