ネットで見る「食欲を抑える方法」あれこれ

まだ毎日暑い日が続いていますが8月も終盤です。朝夕は涼しさが感じられるようになってきました。季節のダイエットでは秋の話題、まず最初に「食欲の秋対策」に関する話題を書き始めています。今週のテーマである「食環境の整備」も、食欲のコントロールに関する話題です。

キレイに健康的に痩せるためには、運動や生活習慣も大事ですが、経験的に思うのは、ダイエットで悩んでいる人の殆どは食べ過ぎているのです。食べ過ぎているから太るのだし、ダイエットと言いながらカロリーダウンできてないから痩せないのです。

ダイエットにおいて、不要な食欲(ニセモノの食欲)を抑えることは非常に重要なテーマなのです。

そこで、つい食べたくなってしまった時どのように対処するか。食べたいと思ってしまった気持ちを紛らせるために人それぞれいろんな工夫があるでしょう。ネットではご自分が経験した方法をシェアしている人も多いです。それらをピックアップしてみたいと思います。

「歯磨きをする」

これは良い方法だと思います。磨いた後だから食べないようにしようという心理も働くし、歯を磨いたあとって食べ物が美味しくないですしね。マウスウォッシュなどでも効果があるんじゃないでしょうか!!

「炭酸水を飲む」「水やお茶を飲む」

水分を補給することは食欲抑制に効果があります。食前に飲めば食べ過ぎ防止になるし、食べたい衝動に駆られた時にも効果があるでしょう。炭酸水は血行を良くするなど健康効果も期待できることで最近人気ですよね。
ただし、飲料に含まれるものの注意が必要です。砂糖に入った炭酸清涼飲料水では元も子もありませんし、カロリーゼロのものでも血糖値は上がりますし、炭酸だけのものがいいでしょう。
お茶などの場合はカフェインの量に気をつけたほうがいいですね。適量であればカフェインはダイエット効果があります。でも摂り過ぎはよくないので、たくさん飲むなら麦茶などのカフェインの入っていないものがいいでしょう。

「糖分を少量だけ摂る」

おなかがすくのは血糖値が下がっている場合だからちょこっとだけ糖分を摂ろうという作戦のようですが、これはどうでしょう。ビミョ~だと思います。
血糖値が下がっているような状態ならホンモノの食欲が起こっている時であり、それは3回の食事で満たしてあげるべきです。
血糖値なんか下がっていないのに「なんか食べたい」と思ってしまうのがニセモノの食欲なのだし、何か別の方法で気を紛らわすのがいいんじゃないかな。それにちょこっとだけって思っても、ちょこっとで済まなくなっちゃいそうですよね。

「軽い運動をする」

これはいい方法です。その場足踏みをするとか、腹筋運動をするとか、軽くからだを動かすことでアドレナリンというホルモンが分泌して食欲を抑える効果があります。

「キャベツの千切りを食べる」

気が済むまでキャベツを食べるのだそうです。食事以外の時でもキャベツを用意しておくのでしょうか。キャベツ以外でも、突然の食べたい衝動が湧いてしまった時に、野菜やダイエット食や低カロリーなものを食べて済ますという方法もあるでしょう。おまんじゅうを食べちゃうよりはずっといい方法だと思います。
でも、結局何かを口に入れないと気がすまないというのではよくないですから、食べなくても気が紛らわせる方法もあるといいでしょう。

「自分の腹肉をつまんでみる」
「憧れのモデルさんの写真を見る」
「太ってた時の自分の写真を見る」

こういった、ダイエットのやる気を奮い立たせる行動もいいと思います。なんとなく根性ダイエットをしているようですが、大切なことだと思います。なんだかんだ言ってもダイエットで成功するのに強い意志は必要ですよ。
ただ、テクニックとしては、食欲を忘れてしまえるような方法を知っているとなお良いと思います。

「食欲に気持ちを向けない」

「ドカ食いしそうになったら、掃除を始めて思考をチェンジします。仕事場ではデスク周りをササッと拭いたり、家ではとにかく体を動かすようにあえて雑巾でしゃがみこむように拭き掃除をしたり。食欲なんて忘れます」

これはとてもいい方法ですね。気が紛れるだけじゃなく身体を動かすことにもつながるし効果的だと思います。別に必ずしも掃除でなくてもいいのですが、自分が集中できて空腹を忘れてしまう行動があるといいですよ。

「ゲームする」

私はゲームはしないのでよくわからないのですが、ゲームって気持ちが集中しやすそうだから効果があるのかもしれないですね。
でも、ゲームのやり過ぎには気をつけてくださいね。

 

 

ということで、自分なりの食べたい衝動対策を持っているといいです。
いろいろ試してみて、自分に合ったものを見つけてください。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です