アンチエイジングのための食事のポイント

テーマ21 ダイエットとアンチエイジング目次

アンチエイジングの基本は 「代謝」 「免疫」 「抗酸化」 この3つの機能の低下を抑え、高めることです。

そして、その3つの力に影響する日常生活のポイントは

1)食事 2)運動 3)デトックス 4)メンタルヘルス(ストレス解消)

があります。

アンチエイジング生活の4つのポイント

食事

身体は食べたもので出来上がるわけですから良い食事をしないといけないです。ダイエットの時にはカロリーを抑えて、でも栄養はきちんとバランスよく、夜遅くは控えて、ゆっくりよく噛んで食事を楽しむのがいいんですよね。

運動

そして、適度に身体を動かして、ダイエットのためにはウォーキングなどの有酸素運動にスロトレなどのレジスタンス運動を組み合わせるのが効果的なんでしたよね。

デトックス

また、デトックスをして、体外毒素(有害ミネラルや有害化学物質)や体内毒素(老廃物)をなるべく効果的に出すようにすること。そのために食物繊維を摂ったり、水分補給をして汗をかいたりすることが効果的なんでしたよね。また、出すばかりじゃなく、体に良くないものはなるべく身体に入れない工夫をすることも大事なことでしたよね。

メンタルヘルス(ストレス解消)

そしてメンタルヘルスというのは、できるだけストレスを溜めないようしたり、リフレッシュをしたり、休養も十分にとるということです。前向きで、かつ、おおらかな気持ちで過ごせるといいんでしたよね。

この4つがアンチエイジング生活で大事なことなのですが

その中でも、最も影響が大きい、「食事」について、書きます。

アンチエイジングのための、「良い食事」 のポイント

つあります。

  1. 基本的な栄養(6大栄養素)をバランスよく摂る。
  2. 抗酸化食品を積極的に摂る。
  3. 血糖値を緩やかにするようなるべく低GI食品を選ぶようにする。
  4. 低カロリー・高たんぱく食になるようにする。
  5. 塩分を控える
  6. 水分をしっかりとる

これらがポイントになります。

1.基本的な栄養(6大栄養素)をきちんとバランスよく摂る。

これは繰り返し何度も書いている基本中の基本です。ダイエットの時にも、健康のためにももちろん必要なことです。

人間がエネルギーとして使えるのは3大栄養素です。「糖質」は主なエネルギー源です。「タンパク質」は身体の構成する成分です。「脂質」は貯蔵エネルギーになったり細胞膜の成分になります。
それに身体の調子を整える、「ビタミン」 と 「ミネラル」 を加えて5大栄養素です。身体の機能を高める栄養素で、これが不足すると、せっかく3大栄養素をとっても活用できないのです。
さらに 「食物繊維」 を加えて6大栄養素ですが、整腸作用やデトックスのために食物繊維は大切な栄養素です。

一汁三菜の食事

これらの基本的な栄養をバランスよくとるために、一汁三菜の食卓が良いんでしたよね。なぜ、一汁三菜にするといいかというと

主食 ごはんなどから糖質を補給できる
主菜 魚や肉からタンパク質と脂質を補給できる
副菜 野菜・海藻・きのこ・魚介類などからビタミン・ミネラル・食物繊維を補給できる

というように、栄養のバランスのとりやすい献立だからです。カレーやラーメンといった単品の食事では、栄養のバランスが整いにくいのです。

なるべく1回1回の食事がそれぞれバランスがとれているのが理想です。朝食で糖質をとったから、昼はタンパク質で、夜はビタミンをとろう。ということではなく、1回の食事がそれぞれ栄養のバランスが整っていて、それを1日3回とることが理想です。

食べ過ぎない、粗食のススメ

そして、決して食べ過ぎないこと!!バランスが良くてもカロリーオーバーではダイエットになりません。教室のテーマ4 「食欲のコントロール」 でお話した、少ない食事で満腹感を得る方法を参照していただいて、「腹8分目」~「腹6分目」 くらいで済ませられるようになるよう、少食の習慣にするのがいいですよね。

少量の食事で、1日3回のバランスの良い栄養補給をしましょう。

よく、アンチエイジングに良いとされるサプリメントってあるでしょう。CoQ10 や アスタキサンチン など、抗酸化力の強い成分を含んでいるものなどですが、そういったものを使うことももちろん良いことなんですけどね、でも、その前に6大栄養素をバランスよくとっていないと抗酸化物質の効果だって活かすことは出来ないのです。

「6大栄養素をバランスよく摂る。」ということは基本中の基本なのです。

その上で・・

2.抗酸化食品を積極的に摂る。
3.血糖値を緩やかにするようなるべく低GI食品を選ぶようにする。
4,低カロリー・高たんぱく食になるようにする。
5.塩分を控える
6.水分をしっかりとる

を行うことで更にアンチエイジングの効果は上がるのですが。

3~6については、今までのダイエット情報日記で繰り返し説明していますが、「2」はお話していない内容ですね。ですから次回の記事では

「2.抗酸化食品を積極的に摂る。」

という内容で書きたいと思います。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. […] アンチエイジングのための食事のポイント 2013年9月1日 […]

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です