アンチエイジングの基本は、代謝、免疫、抗酸化、3つの力を高めること

テーマ21 ダイエットとアンチエイジング目次

極端だったり、過度であったり、偏ったダイエットは老化を促進させてしまいますが、老化の要因はダイエットだけではありません。ダイエットしていなくたって日常生活をどう過ごすかによって早く老けちゃう人もいれば、若さを保っている人もいるのです。

どんな人はいつまでも若くいて、どんな人は早く老けてしまうのか
この記事ではアンチエイジングの基礎知識について書きたいと思います。

 

若い時の積み重ねが急に現れてくる

若いうちは老化なんてそれほど気にならないでしょう。例えば20代では見た目の若さの程度はみんなあまり変わらないでしょう。でもそれが、40代くらいになるとけっこう差が出てくるものです。昔と変わらず若々しい人もいれば、びっくりするほど老けちゃっている人もいます。

なぜそんなに個人差が出てしまうのでしょう?

人間の遺伝子というのは、誰でも90~120歳まで、元気に健康的に生きていけるようにプログラムされているんだそうです。しかし40歳前後から老化が感じられるようになり、何らかの病気が発症したりして、徐々に弱りながら死を迎えることになるのです。

もちろん加齢で身体の機能が低下することはある程度は仕方がないですが、40歳前後になるとホルモンの低下などによって急に衰えてきたりするのです。そんなタイミングが来た時に身体の中がどのぐらい老化が進んでいるか?ということによって一気に見た目に現れてきたりするのです。

20代、30代の頃に無理なダイエットなどを繰り返していると、40歳くらいになって急激に老けてきちゃったりするんですよ。若いころ無理を繰り返してきた人はできるだけ現れるタイミングを遅らせたり挽回をしないといけないんですね。

 

老化の要因

では、老化の早さが、日常生活のどんなことから影響を受けるのか?
大きく4つあります。

「食生活」 「運動」 「デトックス」 「ストレス」 です。

アンチエイジングというと、美容を連想する人が多いでしょう。美顔器などの美容器具を使ったり、美容外科に行ったりなど、もちろんそういったこともアンチエイジングのひとつの分野です。見た目に手を加えることは手っ取り早く若く見せる方法と言えるでしょう。

でもね。大切なことは、身体の中がどのぐらい若さを保っているか?ということです。身体の内側から若さを保つためには、やはり健康的な生活スタイルを過ごすことが大切なんですね。

例えば、偏食で偏った食事ばかりしていたり、
運動不足を続けていたり、
老廃物や毒素が溜まってしまっていたり、
過度のストレスを受けていたり、
そのような良くない要因が重なると、身体の3つの力が弱まってしまいます。

「代謝力」、「免疫力」、「抗酸化力」 です。

 

3つの力が若さを保つ力です

この3つの力がどのくらい高いか? あるいは低くなってしまっているか? ということが若さを保てる人と、早く老けてしまう人の差になるんです。

【代謝力】

「代謝」とは 身体での化学反応のことで、体外から取り入れた物質を用いて新たな物質を合成したり、エネルギーにしたりすることです。

例えば、食べたタンパク質が筋肉になったり、糖質をエネルギーに変えたりすることも 代謝 ですし、あるいはダイエットで脂肪を燃焼させるということも 代謝 なんです。

人間の身体というのは常に細胞が入れ替わっているんです。常に代謝を行いながら私たちは身体を維持しているんですね。

ご存知ですか? 半年で身体全体の約80%の細胞が入れ替わっているんですよ。 3年で約99%の細胞が入れ替わっちゃうんですよ。

それらは全て、「代謝」 なのです。ですから 「代謝力」 が落ちてしまうと、新しい身体を作りにくくなってしまって、当然老いが早くなってしまうのです。

【免疫力】

「免疫力」とは 白血球や好中球、マクロファージ、ナチュラルキラー細胞などの働きによって、細菌やウィルスなど、身体の外部から侵入してくる外敵に対抗するなど、生体を防衛するシステムのことです。

免疫力を高めることが見た目の若さに直結するわけではありませんが、免疫力が弱くなるということは病気になりやすくなるわけだし、病気の状態になってしまうと老化に影響するのです。
病気をしないで健康を保つことは結果として若さを保つことになるのです。

【抗酸化力】

「抗酸化」とは 活性酸素の悪影響をどれだけ抑えられるかということです。

活性酸素とは体の中に入った酸素が変化してしまったものですが、とても不安定な状態なので身体の中の物質と結びつこうとします。酸化力が強いんです。そしてこの活性酸素が細胞を傷つけ、ガンや脳梗塞などの生活習慣病の原因にもなるのです。

また、活性酸素は老化にも深く関わっていて、細胞膜の脂質を酸化して過酸化脂質を作ります。油が古くなるとなんとも言えない嫌な臭がしますね。それが過酸化脂質です。そして体内で発生した過酸化脂質は老化の原因になるのです。

活性酸素にも殺菌や解毒作用があり存在する意味はあるのですが、増えすぎてしまった活性酸素は老化や病気の90%の主犯と言われます。

そしてもちろん体内には、活性酸素を除去する働きもあって、そのことを 「抗酸化」 といいます。この機能が低下してしまうと、どんどん老化が進んでしまうのです。

 

3つの力を高め、維持することが、アンチエイジングの基本です

上記の説明のように、新しい細胞を作る 「代謝」、外部の敵に対抗する「免疫」、活性酸素を除去する「抗酸化」 この3つが強いか弱いかということが、老化の速度に大きく影響するのです。

しかし、加齢とともに、あるいは、無理なダイエットだったり、よくない生活習慣(食事、運動、睡眠、ストレス)のせいで、3つの力が徐々に低下してしまうんです。だから、この3つ力の低下を抑えたり、あるいは回復させることこそが、アンチエイジングの基本なんですね。

ただ、それらの大切な機能を維持していくには、現代社会の環境はあまりよくないんだということを知っておいてください。
例えば、大気汚染、タバコ、過食、メタボ肥満、紫外線、ストレス社会、食品添加物、不眠、発ガン性物質、活性酸素、栄養不足、最近では放射能の影響も無視できなくなってきてますよね。

つまり、私たちは積極的に自分の身を守って行かないと若さや健康を維持していくのは難しいということなのです。

では、どんな行動をしていることが、3つの力を衰えさせること無く、アンチエイジングな生活になるのか?ということを次の記事以降に書いていきたいと思います。

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ほめこ♪ より:

    若さは体の中から・・・ですねv(*’-^*)ゞ

  2. ゆみ より:

    無茶なダイエット、夜型生活を
    しているときは、機能がめちゃめちゃ低下したたんだ
    風邪もよく引いてました。。(つд⊂)
    自分で老けるダイエットしてたんですね~

    「代謝力」、「免疫力」、「抗酸化力」を高めるって事ですね♪

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です