ビタミンB6

栄養素の特徴と働きTOP

ビタミンB6とは

ビタミンB6はタンパク質、脂質、炭水化物の代謝の補酵素として働いたりする水溶性ビタミンです。

ビタミンB6の働き

  • ビタミンB6はタンパク質を分解してアミノ酸にする酵素と、アミノ酸を別のアミノ酸に組み替える酵素の補酵素としてその働きを助けます。またタンパク質がエネルギーとして使われる過程で働く酵素の補酵素として関わります。
  • 葉酸、ビタミンB12と共に動脈硬化を予防し、狭心症や心筋梗塞、脳卒中などのリスクを下げる働きがあります。
  • 神経伝達物質の合成を助ける働きがあります。

欠乏と過剰

ビタミンB6が不足すると湿しんなどの皮膚炎や口内炎、貧血、脳波の異常などがおこります。

ビタミンB6の1日の所要量

年 齢
(歳)
ビ タ ミ ン B6
所要量(mg) 許容上限摂取量
(mg)
男 女
0~ (月) 0.1
6~ (月) 0.1
1~2 0.5 30
3~5 0.6 40
6~8 0.8 0.7 50
9~11 1.1 0.8 70
12~14 1.4 1.1 90
15~17 1.6 1.2 90
18~29 1.6 1.2 100
30~49 1.6 1.2 100
50~69 1.6 1.2 100
70以上 1.6 1.2 100
妊婦 +0.5 100
授乳婦 +0.6 100

厚生労働省 第6次改定日本人の栄養所要量 より
「日本人の食事摂取基準」(2010年版)はこちら

ビタミンB6の多い食品 mg/100g中

肉、魚、落花生、豆類、卵、等の食品に含まれます。

  • にんにく:1.5
  • まぐろ(びんなが):0.94
  • 酒粕:0.94
  • 牛肉(レバー):0.89
  • まぐろ/赤身:0.85
  • まぐろ/脂身:0.82
  • かつお(秋獲り):0.76
  • かつお(春獲り):0.76
  • 鶏ひき肉:0.68
  • いわし(丸干):0.68
  • 鶏肉(レバー):0.65
  • さけ(しろ鮭):0.64
  • まぐろ(きはだ):0.64
  • かも:0.61
  • 鶏ささみ:0.6
  • 塩さけ:0.58
  • 豚肉(レバー):0.57
  • 鶏むね肉(皮なし):0.54
  • さんま(開き):0.54
  • スモークサーモン:0.52
  • 生ハム(長期熟成):0.52
  • あじ(焼):0.51
  • さんま(生):0.51
  • さば:0.51
  • 子牛肉(リブロース):0.48
  • 牛肉(もも/輸入):0.48
  • ローストビーフ:0.47
  • とびうお:0.47
  • いわし(焼き):0.46
  • しいら:0.46
  • くじら(赤肉):0.46
  • まぐろ(めばち):0.46

 

ダイエット教室

ビタミンについてはダイエット教室のテーマでも詳しく書いています。
こちらを参照してください。

フッダ1(カロリー計算)
フッダ2(カロリー計算)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク