モリブデン

栄養素の特徴と働きTOP

モリブデンとは

モリブデンは、元素記号Mo、原子番号42、原子量95.94の金属です。
人の体内では、酸化還元反応を触媒するモリブデン酵素の構成成分としてはたらきます。

モリブデンの働き

モリブデンは、核酸と含硫アミノ酸の代謝に必要なミネラルです。銅とのバランスが大切で、糖質や脂質の代謝を助け、貧血を予防するとされています。

不足すると

モリブデンは通常の食事から充分摂取することが出来るので、不足することはほとんどありませんが、長期間不足すると頻脈、多呼吸、夜盲症などを引き起こすことがあります。

摂り過ぎると

他の重金属に比べて比較的毒性が低いため、過剰症が問題となることはほとんどありません。誤飲などの急性中毒になると下痢を伴う胃腸障害を起こし、昏睡状態・心不全により死に至るとされています。また慢性中毒では関節の痛みや高尿酸血症など、痛風の様な症状が起こることがあります。

モリブデンの1日の所要量

年 齢
(歳)
モ リ ブ デ ン
所要量(μg) 許容上限摂取
(μg)
男 女
0~ (月) -
6~ (月) -
1~2 6 60
3~5 8 80
6~8 12 12 120
9~11 15 15 150
12~14 20 20 200
15~17 30 25 250
18~29 30 25 250
30~49 30 25 250
50~69 30 25 250
70以上 25 25 200
妊婦 +0 250
授乳婦 +0 250

厚生労働省 第6次改定日本人の栄養所要量 より
「日本人の食事摂取基準」(2010年版)はこちら

モリブデンの多い食品 mg/100g中

  • 準備中

 

ダイエット教室

ミネラルについてはダイエット教室のテーマでも詳しく書いています。
こちらを参照してください。

フッダ1(カロリー計算)
フッダ2(カロリー計算)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク