イオウ

栄養素の特徴と働きTOP

イオウとは

イオウは、元素記号はS、原子番号16の元素です。
イオウは代謝を活発にし、体内の毒素を除去する働きがあることから、体調を崩している人に、微量の硫黄を与えると回復しやすいと言われます。

イオウの働き

体内に摂取されたイオウは主に、髪の毛・爪・軟骨などの組織をつくる重要な物質です。イオウの主な働きは、ビタミンB群と共に糖質・脂質の代謝に働きかけ、有害なミネラルの蓄積を防ぐなどの働きをします。
その他、角質を軟化させる作用があり、殺菌、殺虫作用があるため、ニキビ予防や肌を美しくする効果、水虫や疥癬などに効果があります。

不足すると

皮膚炎、しみ、毛髪や爪の発育阻害

摂り過ぎると

特になし

イオウの1日の所要量

栄養所要量は策定されておりません

イオウの多い食品 mg/100g中

 

ダイエット教室

ミネラルについてはダイエット教室のテーマでも詳しく書いています。
こちらを参照してください。

フッダ1(カロリー計算)
フッダ2(カロリー計算)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク