ビタミンK

栄養素の特徴と働きTOP

ビタミンKとは

ビタミンKとは脂溶性ビタミンのひとつです。
腸内の細菌からも生み出されるので通常の食生活をしていれば不足したり、過剰になることはほとんど考えられない栄養素です。主に野菜に多く含まれています。

ビタミンKの働き

  • カルシウムを骨に定着させる働きがあります。
  • 血液を凝固させる成分の合成に関わっています。

不足すると

  • 不足すると骨にカルシウムの定着がスムーズに進まず、骨がもろくなってしまう事が考えられます
  • 出血の際、血液が凝固しにくく、血が止まりにくくなります。

ビタミンK1日の所要量

年 齢
(歳)
ビ タ ミ ン K
所要量(μg) 許容上限摂取量
(μg)
男 女
0~ (月) 5 5,000
6~ (月) 10 5,000
1~2 15 10,000
3~5 20 14,000
6~8 25 25 17,000
9~11 35 35 22,000
12~14 50 50 27,000
15~17 60 55 28,000
18~29 65 55 30,000
30~49 65 55 30,000
50~69 65 55 30,000
70以上 55 50 30,000
妊婦 +0 30,000
授乳婦 +0 30,000

厚生労働省 第6次改定日本人の栄養所要量 より
「日本人の食事摂取基準」(2010年版)はこちら

ビタミンKの多い食品 μg/100g中

  • ひきわり納豆:930
  • パセリ:850
  • しそ:690
  • モロヘイヤ:640
  • 納豆:600
  • あしたば(生):500
  • 春菊(ゆで):460
  • バジル:440
  • かぶ(葉):370
  • おかひじき:360
  • つるむらさき:350
  • だいこん(葉):340
  • よもぎ:340
  • こまつな(ゆで):320
  • ほうれん草(ゆで):320
  • 昆布のつくだ煮:310
  • つまみ菜(生):270
  • ほうれん草(生):270
  • からし菜漬け:270
  • かぶのぬか漬(葉):260
  • 春菊(生):250
  • なの花:250
  • 糸みつば:250
  • たかな漬:220
  • ケール:210
  • 貝割れ大根:200
  • クレソン:190
  • しその実:190
  • にら(生):180
  • わけぎ:170
  • サニーレタス:160
  • せり(ゆで):160

 

 

 

ダイエット教室

ビタミン・ミネラルについてはダイエット教室のテーマでも詳しく書いています。
こちらを参照してください。

フッダ1(カロリー計算)
フッダ2(カロリー計算)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク