ビタミンB群

栄養素の特徴と働きTOP

ビタミンB群とは

ビタミンB群はエネルギー代謝に関わる栄養素です。
B1、B2、B6、B12、B3(ナイアシン)、B5(パントテン酸)、B7(ビオチン)、B9(葉酸)の8種類があり、それぞれ助け合いながら、脳や神経、皮膚などを健康に保つビタミンです。ビタミンB群は水溶性ビタミンで身体の中にためておくことができないので、毎日食事から補給しなければいけない栄養素です。

 

ビタミンB群の働き

■ビタミンB1

糖質の代謝を助ける、神経の機能を保つ働きがあります。
不足すると、疲労、食欲不振、手足のしびれ、等につながります。
豆類、豚肉、のり、豆腐、ごま、うなぎ、緑黄色野菜、等の食品に含まれます。
所要量と含有量の多い食品


■ビタミンB2

脂肪の代謝を助ける、酵素の働きを助ける働きがあります。
不足すると、目の疲れ、口角炎、舌炎、疲労 等につながります。
レバー、卵、チーズ、緑黄色野菜、牛乳、納豆、うなぎなどの食品に含まれます。
所要量と含有量の多い食品


■B3(ナイアシン)


三大栄養素の代謝を助ける アルコールの分解に役立つ働きがあります。
不足すると、神経障害、皮膚炎、下痢、食欲不振、等につながります。
魚、豆類、しいたけ、のり、等の食品に含まれます。
所要量と含有量の多い食品


■B5(パントテン酸)


脂肪酸の代謝を助ける コレステロール量を保つ 副腎皮質ホルモンの合成を促す
不足すると、筋肉痛、手足のしびれ、疲労、消化器炎 等につながります。
レバー、魚、納豆、卵、ナッツ類 などの食品に含まれます。
所要量と含有量の多い食品


■ビタミンB6

たんぱく質の代謝を助ける、神経伝達物質の合成を助ける働きがあります。
不足すると、情緒不安定、けいれん、貧血、皮膚炎、口内炎 等につながります。
肉、魚、落花生、豆類、卵、等の食品に含まれます。
所要量と含有量の多い食品


■B7(ビオチン)

脂肪酸・アミノ酸の代謝を助ける 神経の機能を保つ働きがあります。
不足すると、湿疹、脱毛、不眠、等につながります。
レバー、ナッツ類、いわし、牛乳、大豆類、等の食品に含まれます。
所要量と含有量の多い食品


■B9(葉酸)

赤血球の生成 細胞の発育に役立つ働きがあります。
不足すると悪性の貧血、等につながります。
牛乳、卵、レバー、緑黄色野菜、等の食品に含まれます。
所要量と含有量の多い食品


■ビタミンB12


末しょう神経の傷を修復する 赤血球を生成する働きがあります。
不足すると、貧血、神経障害、めまい、吐き気、食欲不振、等につながります。
レバー、チーズ、貝類、卵、牛乳、等の食品に含まれます。
所要量と含有量の多い食品

ダイエット教室

ビタミン・ミネラルについてはダイエット教室のテーマでも詳しく書いています。
こちらを参照してください。

フッダ1(カロリー計算)
フッダ2(カロリー計算)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク