ナトリウム

栄養素の特徴と働きTOP

ナトリウムとは

ナトリウムは主に細胞の外側に存在し、血圧の調節、酸の中和、神経の情報伝達、栄養素の吸収・輸送などにかかわっているミネラルです。

ほとんどが食塩として摂取されます。ゆわゆる”塩味”は、料理のおいしさを左右する要素ですが、この「塩」すなわち食塩はナトリウムと塩素からできています。食塩相当量とは、次の計算式で、食品に含まれているナトリウム量を食塩の量に換算した値です。

ナトリウム(mg)×2.54÷1000=食塩相当量(g)

普通の食事をしていればナトリウムが不足することはまずありません。むしろ日本人の場合はナトリウムの摂りすぎによる高血圧や胃ガンとの関連が問題になっています。

ナトリウムの働き

ナトリウムは、水分を保持しながら、細胞外液のコントロールや神経の刺激をスムーズに伝達する働きがあります。
細胞内ではナトリウムとカリウムの比率が常に一定に保たれているので、細胞内にナトリウムが多くなると、ナトリウムは細胞外にだされ、細胞外のカリウムが細胞内に取り込まれます。

不足すると

ナトリウムが不足すると、細胞外液が不足し血液が濃縮され、循環器の負担が増加し、食欲が減退して嘔吐を伴い、疲労感、けいれん、昏睡などになる心配があります。
普通の食事をしていれば不足する心配はありませんが激しい運動後や下痢でナトリウムが体外に放出された時に欠乏症状がみられることもあります。

摂り過ぎると

むくみ、高血圧、腎臓病、動脈硬化など

急激に血液中のナトリウム濃度が上がると最初に感じるには、のどの渇きです。症状がひどくなると、低ナトリウム血症と同様に錯乱・けいれんや発作が生じ、昏睡状態に陥ってしまうこともあります。これは、ナトリウム濃度が高すぎても低すぎても脳の働きや神経伝達が狂ってしまうということです。

またナトリウムが少し多めの状態、慢性的に塩分過剰の状態が続くと、高血圧・胃がん・鼻咽喉がんなどのリスクが高くなるという調査結果があります。
日本人が昔から食べている和食は、ナトリウムを多く含む食塩・醤油・味噌などを使っているます。年をとるにつれ濃い味付けを好むようになると、ナトリウムを過剰摂取してしまうことになるので、塩分の摂り過ぎに注意する必要があります。

ナトリウムの1日の推奨量

  • 成人男性 600mg
  • 成人女性 600mg

ナトリウムの多い食品 mg/100g中

  • うめ干し:8700
  • あみの塩辛:7800
  • とうばん醤:7000
  • しょうゆ(薄口):6300
  • しょうゆ(濃口):5700
  • ザーサイ:5400
  • みそ(米みそ/赤):5100
  • みそ(米みそ/白):4900
  • オイスターソース:4500
  • みそ(豆みそ):4300
  • みそ(麦みそ):4200
  • めんつゆ(3倍):3900
  • ウスターソース:3300
  • 粒うに:3300
  • こんぶつくだ煮:2900
  • ノンオイルドレ..:2900
  • 紅しょうが:2800
  • はまぐりの佃煮:2800
  • いかの塩辛:2700
  • しらす干し(半乾燥):2600
  • 米みそ/甘みそ:2400
  • のりのつくだ煮:2300
  • たかな漬:2300
  • とんかつソース:2200
  • 生ハム(長期熟成):2200
  • めんたいこ:2200
  • たらこ(焼):2100
  • きゅうりのぬか漬:2100
  • ふくじん漬:2000
  • すじこ:1900
  • なすのからし漬:1900
  • たらこ(生):1800

ダイエット教室

ビタミン・ミネラルについてはダイエット教室のテーマでも詳しく書いています。
こちらを参照してください。

フッダ1(カロリー計算)
フッダ2(カロリー計算)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク