カルシウム

栄養素の特徴と働きTOP

カルシウムとは

骨や歯の元となる身体には欠かせないミネラルのひとつです。
人体の中では99%が骨と歯として存在していて、残りは血液中の血清に含まれています。その量が少なくなると骨から溶け出し、満たされるとまた骨に戻るといった具合に量は常に一定に保たれています。

カルシウムの働き

  • リン酸カルシウムとして骨や歯の元になっています。
  • 血液の凝固にも関わっています。
  • 心臓をはじめとする筋肉の収縮にも関わっています
  • 神経の刺激伝達などに関与し、神経を安定させる働きがあります。

不足すると

  • 骨粗鬆症になり、骨がもろく折れやすくなります。
  • 神経が安定せず、イライラしたりします。
  • 筋肉が痙攣したり、場合によっては心臓病の原因ともなってしまいます。

摂り過ぎると

カルシウムはマグネシウムと一緒に2:1の割合で摂る事が良いとされています。カルシウムの摂り過ぎは、カルシウムが体内で結石となり泌尿器系の疾患を起こす原因となります。
また、ビタミンDとともに過剰に摂取すると吸収も過剰になり、高カルシウム血症といわれる状態になり、吐き気や嘔吐の他、ひどくなると意識が混濁し、幻覚を見たり昏睡状態に陥ったりする場合もあるようです。

カルシウムの1日の所要量

年 齢
(歳)
カ ル シ ウ ム
所要量(mg) 許容上限摂取量
(mg)
男 女
0~ (月) 200
6~ (月) 500
1~2 500
3~5 500
6~8 600 600
9~11 700 700
12~14 900 700
15~17 800 700
18~29 700 600 2,500
30~49 600 600 2,500
50~69 600 600 2,500
70以上 600 600
妊婦 +300 2,500
授乳婦 +500 2,500

厚生労働省 第6次改定日本人の栄養所要量 より
「日本人の食事摂取基準」(2010年版)はこちら

カルシウムの多い食品 mg/100g中

ダイエット教室

ビタミン・ミネラルについてはダイエット教室のテーマでも詳しく書いています。
こちらを参照してください。

フッダ1(カロリー計算)
フッダ2(カロリー計算)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク